プロフィール

kiko

Author:kiko
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

日系米国人ケイ・スガオカ氏の証言



此の記事は
▽筆者:奥山俊宏
▽この記事は2011年10月22日の朝日新聞夕刊に掲載された
原稿に加筆したものです。

▽関連記事: 東京電力本店からの報告

米国の原子炉メーカー
「ゼネラル・エレクトリック」の元社員で、
東京電力福島第一原発1号機の
原子炉ひび割れ隠しを通産省に内部告発し、
2002年に日本の原子力業界を揺るがせた
日系米国人ケイ・スガオカさん(59)が
20日、8年ぶりに来日した。

21日に同原発周辺の警戒区域の中を歩き、
いろいろなものが吹き飛ばされた
と感じたという。
そして、
「原子力には透明性が必要。隠蔽をやめなければならない」
と改めて語った。

スガオカさんは米カリフォルニア州に住み、
GEのために働いていたが、1998年に解雇され、
2000年6月、福島第一原発1号機のひび割れ隠しを
告発する手紙を日本の通産省(現・経産省)に送った。


ところが、東電社員はウソをついて、ひび割れ隠しを否認。
通産省は、スガオカさんの話を聴くことなく、
東電に告発の情報を伝えていた。

東電と原子力安全・保安院は2002年8月になって、
トラブル隠しの数々をやっと公表し、その遅れを批判された。

福島第一原発から18キロ離れた福島県楢葉町に住み、
いわき市に避難している友人の
栃久保寿治さん(57)の招きで、
スガオカさんは今回、来日した。
今は警戒区域となっている福島県の浜通りは、
スガオカさんにとって、
1970年代後半から約20年にわたって
毎年のように訪れた地。
栃久保さんら友人が多数いて、
「第2のホーム」だったという。


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿
 
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。