プロフィール

kiko

Author:kiko
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メデアが報道しない自民党大勝と問題点

*自民党大勝の要因は,

45回衆議院選挙での選挙公約を民主党が変えた事と、

民主党新政権の選挙時のメデアの姿勢は

沖縄・外交・経済・安全保障・アメリカとの信頼関係と

次々一斉に攻め立てる攻撃をした事です。


*自民党政権の時は

自民党の癒着構造の当事者達の

経団連・官僚の攻撃は野党や国民が

不振に抱いた時のみお茶を濁す程度で、

核心に迫る疑問・追及はせず、

国民が時間が過ぎ収まるを待ち

其の姿とは、天地の差が有りました。



憲法上では国会に立法権が有ります。

国会で選挙で選ばれた国会議員が個々の議員の

選挙での公約の支持を受けた事によって

当選したのです。

之が代表議会制(間接民主主義)ですが、

日本は此の機能が崩壊しています。

其の大きな問題は政党政治制度です。

政党は憲法に乗っていませんが、

戦後のアメリカ国益を掌るCIAの対日工作として

占領植民地政策の傀儡政権として必要として

GHQによって許されたのです。

之は当然憲法違反ですが、

自民党が政権を握って64年、法律で曖昧にして

現在に至っています。

其の事によって政権を握った総理は、

人事権・解散権・資金源を握り内閣府を創ります。

総理と内閣府は国民が選挙で選んだ者では有りません。

日本の民主主義と選挙制度は既に崩壊しているのです。

過去の選挙も今回もそうですが、

政党が総有権者数の過半数を超えて

信任された総理と内閣が在ったでしょうか!

事実上政党支持である比例が出来たのは

参議院議員選挙で1983~1998年で

衆議院議員選挙では1996年からです。


★第46回衆議院議員選挙で政党支持率16%で

大勝利した、選挙制度の問題点


現在言われている政党支持率や内閣支持率は

街頭や電話による回答からの統計で

選挙以後のメデアのさじ加減での短期の報道での

洗脳による判断で回答され其れが更に

増幅されてしまうのです。

戦中の太平洋戦争に突入した時の状態が

軍に規制された新聞の論調が其れでした。

現在安部総理の選挙時の政党支持率と

現在を考えてほしいのです。

★内閣総理大臣の指名で固めた内閣決議案

僅か半年で16%足らずの政党支持率で出来た

総理と総理の指名で固めた内閣が、

立法の80~90%を閣議決定として閣議案を上げる

異常さでしかも権力による党拘束で縛り付ける。

国民の総選挙で総理・大臣の直接選挙で無い限り

総理も大臣も一国会議員であり特別な権限を

持っている訳では無いのです。

憲法41条の「国会は国の唯一の立法機関」は

国会議員は国民によって直接選ばれた

唯一の代表者だからです。

現在は総理も大臣も国会で全議員から

選ばれた海外との国会議員を代表する顔にしか

過ぎません。

もし権限を与えるとすれば、海外の様に、

直接選挙によって選ばれ、其の前提には

何処までの権限を持つか持たせるか

国民に問い立法化しなければ、独裁者を生み出す事に

成るのです。

肯定する立場は、憲法上(憲法72)に

内閣総理大臣は、内閣を代表して「議案」を

国会に提出する事が出来ると書いてある事を

上げていますが、此の「議案」が立法案も含まれると、

拡大解釈しています。

法律の提出は国会が立法過程の一部であり、

立法は議員立法で、国会の討論から全員の個々の

意思を持って投票すべきです。

総理も大臣も一国会議員であり特別な権限を

持っている訳では無いのですから、

しかも議案作成には官僚が関与し政・官・大企業が

不利になる議案は玉虫色に逃げ道を組み込み

其の結果常に国民を踏み台にして来たのです。

其のシステムを作ったのは今の自由民主党であり

国民はもう癒着構造による原発や、消費税の

増税による生活苦や、格差拡大社会にNOとした筈です。

経済は確かに大事だが、其の前に国民の命・

次世代・子供・孫達に負担を負わせない

社会を残したいと、願った筈です。

私も自民党よりの政党に嫌気をさし

会えて政党なしと書き、無効投票に致しました

その結果が、組織票の自民党が勝ちましたが、

大勝(実は組織票でありながら結党最低支持票)

結果はハッキリ出ていました。

問題は16%弱の自民党が

60~70%を推移している筈が無いのです。

何故その様に変化したのか、


★自民党(特に安倍氏)とメデアの関係

メデアと安倍氏を語る時祖父である

政界の妖怪と言われた岸信介氏との関係を

話さなければならないでしょう。

岸氏は満州で中国人にアヘンを売っていました。

当時日本は特攻兵に与えるアヘンや大麻を

日本各地で作っていました。

此の事は私も良く知っていました、野生化した大麻の

発見した時の通知呼びかけのビラを見ました。

岸氏は其のアヘンを満州国で中国人に売っていた為か

戦後、A級戦犯として裁かれました。

自民党の利益共同体である読売の正力松太郎氏も

自民党岸信介氏と同じ様に

A級戦犯でCIAによって開放され、読売新聞復刊され

たのです。

終戦直前5月に読売報知・朝日新聞・毎日新聞・

日本産業経済新聞・東京新聞5社による

共同新聞を発行、其の関係が後に全国版の大手の

結束とニュースの独占状態になり、原発も1955年に

読売の正力松太郎氏原発導入の大キャンペーンを行い

原子力委員会の初代委員長・初代科学技術庁長官

となったのです。

岸内閣では国務大臣になり(国家公安委員会委員長・

原子力委員会委員長・科学技術庁長官)と

自民党ベッタリのメデアを牛耳る体制が

出来上がったのです。

其の関係が現在のメデアの不信な偏った

報道になっています。

安倍氏は最初の内閣の時に国会で

(私は権力の頂点にいる)と述べたそうですが、

病として逃げました。

しかし普段から(祖父・親の敵を取る)と公言してると

聞きますが、本当ならとんでもない二枚舌三枚舌の

政治家を総理にしたことになります。

原発の再稼動と海外の輸出・弱いところから取る

大増税、祖父からの繋がりの経団連電気事業業者には

国民の借金と血税で大盤振る舞いと、本性丸出しになり、

参議院選で独裁化を狙い憲法改正を実行するでしょう。

(私は護憲ではありません逆に国民に解り易く、

独裁者や癒着が生まれない様に、

より明確に厳しい憲法をと考えていますから)

メデアもニュースや報道番組を録画して観ると、

改憲論の方にウエイトを置いており、

安倍氏の擁護が見え々である。


★第46回衆議院選挙は民主主義国家の崩壊選挙

私は選挙時の投票者数と選挙後結果に疑問を抱き

選挙投票結果数が出た直後、

政権を担う自民党の選挙実態統計を出してみました。


*衆院選:小選挙区比例代表並列製の投票率は

59.32%戦後最低でした。


*当日総有権者数は

10436万。人=投票者数は59.32%ですから、

投票者数は61.90万人になります。



☆2009年の45回衆議院選挙有権者数と

2012年の46回衆議院選挙有権者数の比較


★2009年の45回衆議院選挙有権者数10398万人

小選挙区得票数7058万人

★2012年の46回衆議院選挙有権者数10436万人

小選挙区得票数6190万人

*前回より868万人投票者が少なかった中での選挙でした。



☆2009年の民主党第45回衆議院選挙結果と

2012年の民主党第46回衆議院選挙結果の比較


★2009年の民主党

第45回衆議院選挙結果

民主党小選挙区獲得得票数3347万人

小選挙区獲得票47.43%獲得議席数221議席

比例代表獲得得票数2984万人

比例代表獲得票42.41%獲得議席数87議席 



☆衆議院選挙有権者数10398万人から実数を出す


小選挙区獲得票32.19%

比例代表獲得票28.69%

★2012年の民主党

第46回衆議院選挙結果

民主党小選挙区獲得得票数1359万人

小選挙区獲得票21.95%獲得議席数27議席

比例代表獲得得票数962万人

比例代表獲得票15.54%獲得議席数30議席 


衆議院選挙有権者数10436万人から実数を出す

小選挙区獲得票13.02%

比例代表獲得票9.19%



☆2009年の自民党第45回衆議院選挙結果と

2012年の自民党第46回衆議院選挙結果比較


★2009年の自民党

第45回衆議院選挙結果

自民党小選挙区獲得得票数2730万人

小選挙区獲得票38.68%獲得議席数64議席

比例代表得票数1881万人

小選挙区獲得票26.73%獲得議席数55議席 


衆議院選挙有権者数10398万人から実数を出す

小選挙区獲得票26.26%

比例代表獲得票18.09%


★2012年の自民党

第46回衆議院選挙結果

自民党小選挙区獲得得票数2564万人

小選挙区獲得票41.42%獲得議席数237議席

比例代表得票数1662万人

小選挙区獲得票26.85%獲得議席数55議席 


衆議院選挙有権者数10436万人から実数を出す

小選挙区獲得票24.57%

比例代表獲得票15.92%



☆2009年の民主党と自民党の

第45回衆議院選挙結果の比較


★2009年の民主党

第45回衆議院選挙結果

民主党小選挙区獲得得票数3347万人

小選挙区獲得票47.43%獲得議席数221議席

比例代表獲得得票数2984万人

比例代表獲得票42.41%獲得議席数87議席 


★2009年の自民党

第45回衆議院選挙結果

自民党小選挙区獲得得票数2730万人

小選挙区獲得票38.68%獲得議席数64議席

比例代表得票数1881万人

小選挙区獲得票26.73%獲得議席数55議席 


衆議院選挙有権者数10398万人から実数を出す

小選挙区獲得票26.26%

比例代表獲得票18.09%



☆2012年の民主党と自民党の

第46回衆議院選挙結果の比較


★2012年の民主党

第46回衆議院選挙結果

民主党小選挙区獲得得票数1359万人

小選挙区獲得票21.95%獲得議席数27議席

比例代表獲得得票数962万人

比例代表獲得票15.54%獲得議席数議席 


衆議院選挙有権者数10436万人から実数を出す

小選挙区獲得票13.02%

比例代表獲得票9.19%


★2012年の自民党

第46回衆議院選挙結果

自民党小選挙区獲得得票数2564万人

小選挙区獲得票41.42%獲得議席数237議席

比例代表得票数1662万人

小選挙区獲得票26.85%獲得議席数55議席 


衆議院選挙有権者数10436万人から実数を出す

小選挙区獲得票24.57%

比例代表獲得票15.92%


*前記を比較した時自民党が、

大きく支持を下げたのは、

比例の自民党支持票でした。

自民党に不信感を抱いた市民の離反です。

小選挙区獲得票数24.57%

政党支持獲得票数15.92%

之がメデアが報道しない実態なのです。

メデアの煽りでチャンスと政党が乱立し、

投票率が下がり分母が小さくなりました。

此の事が自民党の利害関係で繋がっている、

少数の支持層で勝ててる事です。

本当に国の将来を決める大事な選挙であれば

国政選挙日は特定祭日にすればよいのです。

自民党が長年投票率が上がれば

不利とされているのは

組織票で少ない獲得票で議員になれたからです。

小選挙区に絶対の自信を持つ自民党と

メデアの野党分断を誘う報道の有り方が

僅か16%弱の政党が国を動かす、

事態になってしまったのです。

其の党首が日本の代表と成る、

民主主義国家とは言えない

異常な国家に成ったのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿
 
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。