プロフィール

kiko

Author:kiko
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文字色
秘密保護法は何故公務員と
国民をターゲットに


自衛隊は国民に秘密裏に
  劣化ウラン弾を製造していた


海上自衛隊が保有する護衛艦の一部に
搭載されている対空迎撃システム、
ファランクス CIWS の最初の量産モデルである
Block0 のメーカー純正弾頭には
劣化ウラン弾が採用されて、
海上自衛隊では弾薬を国産化していた。

戦闘機の20ミリバルカン砲や
装甲車の機関砲弾として
劣化ウラン弾は製造されていますが、
世界的に問題になる現在
すべてタングステンの弾頭に切り替えられています。
日本は、広島・長崎の被ばくの苦しみを経験し、
その上に立って
非核三原則と原子力の平和利用を国是としてきました


原子力基本法第2条は、
「原子力の研究、開発及び利用は、
平和の目的に限る」との基本方針を定めています。

劣化ウランは原発の廃棄物の再利用で単価が安いし
貫通時に高温を発して焼夷弾的効果もあります。

日本では核物質による問題もあり表面上は
使用していない事
に成っている。

タングステンの弾頭に切り替えると
その結果単価が非常に高くなるので、
イラク派遣以降
其処で小型核兵器の発言が盛んに出てくるのです。
弾頭を変えるのは,簡単なことです。
自衛隊の改正案に核兵器が言及されているのは
視野に入れているのは明らかです。


[生物兵器」

生物兵器も過去の例、
自衛隊内にサリン事件を理由にサリンだけでは無く
満州国731部隊が米国に協力する事によって
戦犯と去れず。
国内で分散されて、CIAの協力者として
あらゆる細菌の研究施設が存在しているのです


「ウラン弾の国内製造」
劣化ウラン弾を製造しているのは、
グアム島の米軍基地内と、
岩国の三井化学大竹工場の二箇所で製造されて、
米国本土にでは製造していなかった。

三井化学大竹工場は劣化ウラン弾の
秘密工場だったと言われている。
日本での原発は平和目的と言いながら。
実態は小型核兵器の原料を製造し、
アメリカに提供していた疑いが大きかった。

当然米軍が世界で使用して来た中に
日本製の製品が使用されている可
能性が高いと言う事になる

原発はCIAの協力者
正力松太郎コードネーム「PODAM」
ペンタゴンの資金提供で、
読売新聞と日本テレビは創立される。
1956年1月原子力委員会の初代委員長を務めるが
之もCIAの意向である
これに対して、
原子力委員の湯川秀樹は、
「動力協定や動力炉導入に関して
何等かの決断をするということは、
わが国の原子力開発の将来に対して
長期に亘って重大な影響を及ぼすに
違いないのであるから、
慎重な上にも慎重でなければならない」
と強く訴え、抗議のために辞任した。
(『原子力委員会月報』
1957年7月初代科学技術庁長官となり

現在の官僚・政治家・軍需産業・電気事業社・
ゼネコン・メデアの原子村の体制を作り上げたのである。
建設予定地の地元民は激しく反発し抵抗したが、
建設業者の手の者による、切り崩し工作は激しかった。
読売新聞と日本テレビはフル稼働で
原子力の イメージアップの洗脳工作に努め、
戦時中と同じ、安全神話を作り上げる作戦と
金によるバラマキによって既成事実を
重ねて言ったのである。
其の方法は戦時中と変わる事は無い、
CIAは原子力に対する 日本の世論を
転換させたのは 正力の功績だと認めている。

マスコミ操作を通じ米国が常に「善」であると

「日本の市民を洗脳」


米国を批判する言論をマスコミに「登場」させない。
アメリカ映画、音楽を大量に流し、
アメリカが「すばらしい」国だと連日宣伝することが
目的だとアメリカ国立公文書館米国政府の
心理戦争局の内部文書に書かれている。

敗戦当時、日本にはテレビ局はNHKしか
存在しなかった。
米軍は3S作戦実行のため、
戦前からのCIAスパイである読売新聞の創立者、
正力松太郎とその部下渡辺恒雄
(現在の読売新聞・経営者)
に「命令」し、 CIA直営のテレビ局として
日本テレビの創立を命令する。

此の事が現在でも歴史改竄の
極右番組0000言って委員会が、
横行しているのである。
BSフジテレビの0000ニュース
殆どが政府関係者が
出演するか御用関係者で埋まる。
メデアのあり方やメデアの社会的責任を
問われても無視してきた理由と
政治を操ってきた理由は此処にあるのである。
正力松太郎は、
CIAの資金で読売新聞を
日本最大の新聞に育てたのである。


渡辺恒雄は政治部の記者は大野番として出発したが、
大 野伴睦や児玉誉士夫に密着して子分役を務め、
暴力団の東声会のクラブの運営委員に連なったり、
田中角栄のロッキード事件の前に
ワシントン特派員として、
児玉の対米窓口を果たしたとも噂され、
ロッキード事件はアメリカ合衆国のCIAが
仕掛けた陰謀だ、という説がある。
ホワイトハウス在住記者ジュリー・ムーン(文明子)が
ヘンリー・キッシンジャー国務長官に
「ロッキード事件はあなたが起こしたんじゃ
ないんですか?」
と問いただしたところ、キッシンジャーは
「オフ・コース(もちろんだ)」
と答えている


日本の自民党は常に米国の手にある

日本とアメリカの間でのイニシアティブ(主導権)は
当然のことながら米国にあり、政治家でも之に逆らえば
政界から色々な手段で消されてしまうのである。
日本国憲法は日本人グループが草案しGHQで
人権問題で付け加えられた。

CIAは米国トルーマン大統領直属として動いていた
GHQのマッカーサーとは対立関係にあった
大統領選を目論んでいた
マッカーサーを連合司令官を解任した事も
CIAの朝鮮での情報の策略が疑われている

CIAがもくろむ米軍への自衛隊活用にも
指針が示されている。
其の為に日本国憲法を変え様としていると推察が出来る


渡辺恒雄がCIA工作員として大きな役割を果たした
渡辺恒雄は政治部の記者は大野番として出発したが、
大野伴睦や児玉誉士夫に密着して子分役を務め、
暴力団の東声会のクラブの運営委員に連なったり、
ロッキード事件の前にワシントン特派員として、
児玉の対米窓口を果たしたとも噂され、
渡辺恒雄がCIA工作員として大きな役割を果たした

戦後記者クラブによって急速に親米化一色に
なった時点で、 メ
ディアが持ち続けるべきジャーナリズム精神は失 われ
現在に至ってる。


報道番組で司会者と参加者の過去の履歴を調査する。
それで其の番組の方向性が明らかになる。
其の時は正反対の解釈が結果的に後に
資料と合わせると正しい判断が出来る皮肉さである。
其れでもまだネットで検索出来るが

「特定秘密保護法案」

悪いやつほど不都合なものは隠したいものである。
【特定秘密の保護に関する法律案】を
公務員に当てはめようとするのは世の常で
官僚や政治家に不都合が存在するからです。
戦時中の軍と権力者の不都合な歴史問題の
証言記録が国・自衛隊・警察に存在するからです。
日本は戦争犯罪裁判を天皇が許可したにも関わらず
無視し戦犯を戦争犯罪裁判によっての浄化作用を
行わず国の中心に据えたのである。


逆に公務員は国民の一部の為に利益を与える
不良行為・国民の大多数に不利益が与える行為等、
憲法に背く行為には
公務に携わる者としてとして、
上司に内告発・不正資料の提出の義務が有るのである。
其れでも内部で放置・隠匿・改竄をした時は
やむ得ない方法として、
国民への公開の義務を負っているのである。


公務員の義務と制限には
総ての公務員には憲法第99条に基づき、
憲法を尊重し擁護する義務を負い
任命の辞令を受けるに当たって
その旨書面で宣誓するとなっている。
但し非正規雇用は除かれている。
此の前提は憲法15条に基づいたものです。

第十五条  
公務員を選定し、及びこれを罷免することは、
国民固有の権利である。
○2  すべて公務員は、
全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。
○3  公務員の選挙については、
成年者による普通選挙を保障する。

○4  すべて選挙における投票の秘密は、
これを侵してはならない。
選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも
責任を問はれない。

その他、公務員の守るべき具体的な義務として
次のようなものがある。
いずれも一般職の公務員に関するものであるが、
特別職でも個別の定めでこれに準拠した
規定がなされていることが多い。


職務遂行上の義務

(職務遂行・職務専念義務国家公務員法第101条、
地方公務員法第35条)

法令と上司の命令に従う義務
(服命義務。国家公務員法第98条第1項、
地方公務員法第32条)

秘密を守る義務
(守秘義務。国家公務員法第100条第1項、
第109条第12号、地方公務員法第34条第1項、
第60条第2号)

品位と信用を保つ義務
(国家公務員法第99条、地方公務員法第33条) -
業務上横領や接待はもちろん、
勤務時間外の傷害事件、飲酒運転も含まれる
他に、会計に携わる者については、
予算執行、物品管理において
国に損害を与えた場合には、弁償責任の義務がある
(会計法第41条第1項)。

また、公務員は次のような極めて厳しい制限がある。
ストライキの禁止など、労働基本権に関し
制限又は特別な取扱いがある
(政令第201号、及びこれを起源とする国家公務員法
第102条、地方公務員法第37条)。

国債労働条約
第98号(1949年の団結権及び団体交渉権)、
市民的及び政治的権利に関する国際規約
第22条違反との指摘がある。

中立的な立場を保つため、
所定の政治的行為が禁止されている
(政令第201号、及びこれを起源とする
国家公務員法第102条、人事院規則14-7、
地方公務員法第36条)。
この点については、言論の自由・思想信条の自由を
阻害するなどとする違憲性はなく
最高裁で合憲判決が下されている(猿払事件など)。

営利企業及び非営利事業との関係について
制限を受ける
(国家公務員法第103条、第104条、
地方公務員法第38条第1項) -
退職後の再就職の制限、兼業の禁止など 
NPOやNGOのメンバーとなって活動する事にも
制限が課される。

以上であるが問題は総てを
禁止されているものではない、
逆に報告と公開の義務は有るのがある。
其の根拠は憲法第十七条に基づいてである。

第十七条  
何人も、公務員の不法行為により、
損害を受けたときは、法律の定めるところにより、
国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。


悪いやつほど不都合なものは隠したいものである。
【特定秘密の保護に関する法律案】を
公務員に当てはめようとするのは世の常で
官僚や政治家に不都合が存在するからです。
戦時中の軍と権力者の不都合な歴史問題の
証言記録が国・自衛隊・警察に存在するからです。
日本は戦争犯罪裁判を天皇が許可したにも関わらず
無視し戦犯を戦争犯罪裁判によっての浄化作用を
行わず国の中心に据えたのである。

逆に公務員は国民の一部の為に利益を与える
不良行為・国民の大多数に不利益が与える行為等、
憲法に背く行為には
公務に携わる者としてとして、
上司に内告発・不正資料の提出の義務が有るのである。
内部で放置・隠匿・改竄をした時は
やむ得ない方法として、
国民への公開の義務を負っているのである。
公務員は国民の為に、正しい行政を行う事を
前提として雇用されているからである。





民主とは国が国民に何が出来るかであって、
国民が国に何をするかではない。
国家や国益を唱えて国民の財産や命を犠牲にする国が
古代から歴史上続いた例はないのである。

武器を持って争うことから双方の国が滅亡して来た
人間の歴史を学ぶべきである。
武器は相手を殺すだけではなく
結果的に自分も殺すのである。

争いが人と人の絆を破壊し武器による戦争となり
多くの人が死に心を傷つけ未来を変えてしまう。
其の事から憎しみの連鎖の蟻地獄にはまり、
レジスタンス・テロと報復の繰り返しになるのである。

テロを肯定する訳ではないが、
其処にいたる原因が必ず存在している。
武器商人(軍需産業)や仲介人(政治家)が種を
巻いているのである。

武器を持てば話し合いより武器による決着を図ろうとする。
其の為には相手より強力な武器を持とうとする
軍拡が競争が始まる

国同士もお互いに助け合い協調し合う
外交が成されれば、其れが強力な
集団安全保障となるのです。

国民に秘密を持たなければ成らない国家に
平和はありません。
国民に秘密を待たなければ成らない
政府や政治家は此の国に要りません
人種・民族・国・男女においての差別は
人類の歴史を知らない愚かな人です。
超古代の人類誕生から家族を養う為に、
食料を求め住みよい所へ移動して来ました。
生活の自然環境で様々な変化を遂げましたが
総てが地球人なのです
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿
 
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。