プロフィール

kiko

Author:kiko
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★日本に潜む協力者CIAエージェント【解説】

日本の中のCIAエージェント

2112-10-02 11:20:43 資料


【解説】
日本の政界、財界、マスコミ、学者、評論家、
右翼・暴力団などあらゆる分野に張り巡らされた
CIAのスパイ・エージェントの数は
一体どのくらいになるのであろうか
日本で活動する実行部隊(オペレーション担当)は
工作員指揮官として、
まず3人の現地工作員の指揮に当たる。
そして、工作員はそれぞれ3人の配下(協力者)を
抱え、3人の配下もさらに3人の部下を抱える。
つまり、1人の指揮官が3×3×3=27人の工作要員を
指揮して情報収集などに当たっている。
CIAエージェントとされる中には、
本人が意識せずにCIAに対して
情報提供をする者も含まれる。
外交官や軍人に偽装する
OCS(Official Covers)と
民間人に偽装する
NOCS(Non Official Covers)とに分かれ、
それぞれ活動しているというが、
最近はNOCSを増やしつつあると
分析されている。
その理由は、2001年9月11日、米国で起きた
同時多発テロが関係する。

 要するに、通常総勢数百人もの工作要員が
活動しているというのである。
それが東日本大災害による
福島原発の破壊に伴うデーター収集や、
混乱に乗じたる各国のスパイの増員により、
CIAも当然増員されているものと思われる。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿
 
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。