プロフィール

kiko

Author:kiko
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★昭和・政界の妖怪の陰謀

   隠された真実



今はPCや携帯で即座に伝わる時代です、
其れが功罪が有る事を承知の上で利用する事です。
公約や内容を知りたい、疑問点を知ろうとしながら、
逆に巨大な資金力と組織のキャンペーンに因って
洗脳される事が殆どでなのです。
政治家は、選挙期間中は票を得る事しか考えません。
政党政治が有る限り政党の権力者によっての
党拘束によって個人の意見は消されるのです
逆に質問内容によっては、将来の要注意人物として
記録が残り蓄積されて行く恐れがあります。
日本でも秘密裏に情報が、集められて居る筈です



(岸信介)安部総理の叔父
岸信介は戦前、商工省の革新官僚としてならした、
岸が政界への足がかりを掴んだのは、
満州への赴任時代。
日本が中国東北部に築いた満州国で
副首相にあたる総務庁次長になった。

当時満州に顔を揃えた中心人物達

(星野直樹)
日本の大蔵官僚・関東軍によって満州国に任命
満州国財政部理事官、財政部総務司長、財政部次長、
国務院総務庁長を経て、
1937年国務院総務長官に就任。
日本の傀儡国家である満州国において、
実質上の行政トップの地位に就いた
A級戦犯として極東国際軍事裁判で終身刑を宣告されたが、
1958年に釈放される。
政治家、実業家,
企画院総裁、内閣書記官長、旭海運社長、
ダイヤモンド社会長などを歴任した。

(東条英機)
関東軍参謀長の

(松岡洋右)
外相南満州鉄道総裁の
1941年(昭和16年)12月8日、
日米開戦のニュースを聞いて
「こんなことになってしまって、
三国同盟は僕一生の不覚であった」、
「死んでも死にきれない。
陛下に対し奉り、大和民族八千万同胞に対し、
何ともお詫びの仕様がない」と
無念の思いを周囲に漏らし号泣したという
敗戦後はA級戦犯容疑者として
GHQ命令により逮捕される。
連盟脱退、三国同盟の主導、対ソビエト戦争の主張
などから死刑判決は免れないとの予想の中、
痩せ衰えながらも周囲に「俺もいよいよ男になった」と
力強く語り、巣鴨プリズンに向かった。
しかし、結核悪化のため裁判公判法廷には一度のみ
出席、罪状認否では無罪を全被告人中ただ一人、
英語で主張している。
1946年(昭和21年)6月27日、
駐留アメリカ軍病院から転院を許された東大病院で病死。
66歳であった
松岡洋右外相の妹が岸信介元首相、佐藤栄作元首相、
の叔父(おじ)である佐藤松介と結婚した。

(鮎川義介)
日産創業者の鮎川義介と並ぶ
実力者の一人とされ、
その五人はそれぞれの名前をもじって
「二キ三スケ」と呼ばれた。

(児玉誉士夫)
岸信介と満州国を語るとき、
児玉誉士夫を除いては真実を語る事は出来ない、
岸信介の満州でのヘロインの問題は広く知られているが、
中心人物は岸信介である、
岸信介は5人の中で軍部の
ダークな部分を受け持っていたと思われる、
1839年の英国の中国とのアヘン戦争は有名だが、
其の影にアメリカの独立戦争に対抗する軍費を
得る為にアヘン売買を利用したのである
日本は、阿片戦争に驚き、
ケシの栽培や阿片の輸入を厳禁した。
しかし医薬品としての鎮痛・麻酔剤として
モルヒネ・ヘロインが必要となり、栽培の指導をしたのが、
明治8年に大阪府三島郡福井村に生まれ、
水田の裏作としてケシ栽培を始め、二宮尊徳に憧れ、
ケシ栽培で福井村を繁栄させようとした、
二反長音蔵である。
阿片の製造・売買や輸出入を政府の許可・
専売制としたはずであった
しかし日清戦争後に台湾を領有したことで、

日本は台湾の阿片中毒者対策で阿片を必要とし
モルヒネ純度の高いケシの品種改良に成功し
ケシ栽培の国内生産に取り組んだ。

*日本では戦場で終戦間じかには特攻隊や兵に
アヘンや大麻与える為に日本各地で栽培しており、
私も今から30年位前までよく田舎の方へ行くと
山裾の近くで発見したら教えるように、
回収の為のパンフレットを張っているのを見ました。
当然其れは軍の命令ですが
多くの人の命を踏み台にした戦争下において、
国民に対しての反逆者と言われても
仕方が無い行為です。
私達は現代この様な事が、国や自衛隊が国民に
命令したら度の様に思うでしょうか、
時代が違っても医療とは違う目的なのです。

戦前の日本は軍費を稼ぐ為に陸海軍の特務部が、
治外法権の特権を利用して
中国民衆の阿片中毒による弱体化目的に
阿片の密売を公然と進め
手先として活躍したのが笹川良一、児玉誉士夫達で、
戦後右派の黒幕となり日本を動かしていく
莫大な資金を使い作った児玉機関は後に岸信介に
選挙資金を出す事になる。
満州国でも、中国への阿片輸出のため、
3万~8万人が従事して、
毎年、約8千haのケシを栽培し、
毎年、約4万キロもの阿片を製造することとなり、
世界の90%を超える生産をする最大の
阿片・麻薬国となり日本は、
中国の占領地に満州帝国を始めとする
傀儡政権を次々と作りあげ、
傀儡政権や親日の軍閥は、日本軍の擁護の下に、
阿片を政府・地域の許可・専売制として、
阿片・麻薬の利潤を日本軍と分け合ったのです。
ぐんの擁護によって、三井・三菱の阿片船が
アジアを往来し、三井物産は上海へ約3万トン、
三菱商事は三井の3.5倍もの量を満州の大連へ
運び財閥の基礎と成りました。
「民間特務機関財閥三人男」と呼ばれた一番が里見甫、
二番目が坂田誠盛、三番目が児玉誉士夫である。
日本政府による阿片販売は国際問題とされ、
国際連盟の議題となっていた。
満州・中国は解放ではなく、人道に反する
阿片・麻薬の利潤を巡り、軍費獲得の為に侵略し
自由に利用するための傀儡政権が作られたのが
真実でした。
其の為に反発や主権を取り戻そうと色々な問題が
後世に残される事になってしまったのです。
1)虐殺問題
2)慰安婦問題
3)731部隊(関東軍防疫給水部)=人体実験
石井部隊問題
4)中国でアヘン阿片・麻薬問題
を含め、
*五人は統括していた事から
総ての問題を関係しているか、
黙認していた筈である。

軍は戦況が不利になると、撤退する時には証拠になる
物は総て焼き捨ていち早く本土に逃げ帰りました。
岸信介は、1945年(昭和20年)8月15日
太平洋戦争が終結した後、
故郷の山口市に帰郷していた所を
東條内閣の一員として
A級戦犯容疑者として逮捕され
東京の巣鴨拘置所に収監された。
岸本は知人に戦犯として裁かれるが
米国は私を必要とする時が来ると
発言があったとされていますが其の通りになりました。

共産主義の台頭とアメリカの対日政策が
大きく転換し日本を「共産主義に対する防波堤」と
位置づけた事から
岸信介はCIAの反共政策への協力を申し出て、
自ら処刑を受け入れた東條ら7名の処刑の翌日の
1948年(昭和23年)12月24日釈放、
表面上公職追放となった。
其の事は死刑を免れ、国内外からの
戦争責任の追及も免れ、
CIAのエイジェントとなる事を自ら申し出たのである
A級戦犯として逮捕され731部隊をはじめ、
米国が欲しがる情報や、GHQ(CIA)に
協力する事によって死刑になる戦犯を逃れたのです。

そして其の事が、占領国の中で再び
他のCIAに協力した戦犯解放者と共に、
大きな力を得る事に成るのです。
満州人脈は戦後、岸の政治活動にも生かされたが、
やがてCIAの仲介で満州で知り合いだった
児玉誉士夫氏を紹介され
児玉氏の資金提供で選挙に勝つ事が出来たのです。
岸氏は支配下の若い議員のCIAへの引き抜きを
黙認しCIAの支配を認める事に因って
自由党の党首・首相となる事が出来たのです、
之らは全て文章と記録が公開されています。

岸氏は此の事で暗黒街に強い影響力を持ち、
国内からの戦争責任の追及も免れ、
強圧的な政治姿勢で民衆と対決し、
「昭和の妖怪」という名をもち、
政界を左右させる力を得ました。

それには安保での米軍への貢献が有ります。
1953年、日本政府は在日米軍将兵の関与する
刑事事件について、
在日米軍裁判権放棄密約事件と言われた
「重要な案件以外、また日本有事に際しては全面的に、
日本側は裁判権を放棄する」とする
密約に合意した。

正式には
『行政協定第一七条を改正する
一九五三年九月二十九日の議定書第三項・
第五項に関連した、
合同委員会裁判権分科委員会刑事部会
日本側部会長の声明』である。
アメリカ側代表は軍法務官事務所のアラン・トッド中佐、
日本の部会長は津田實・法務省総務課長。

1958年(昭和33年)日米安全保障条約改定にあたり、
米側は「在日米軍裁判権放棄密約事件」で露見した
裁判権放棄を公式に表明するよう要求したが、
国内の反発を恐れた岸は身の保全を優先に
これを拒否した。

1960年(昭和35年)1月に全権団を率いて訪米した
岸は、アイゼンハワー大統領と会談し、
新安保条約の調印と同大統領の訪日で合意した。

5月19日新条約の承認をめぐる国会審議は、
安保廃棄を掲げる社会党の抵抗により紛糾。
自民党は日本社会党議員を
国会会議場に入れないように封鎖して
新条約案を強行採決した
此の事で国民の安保闘争も次第に激化してゆく、

岸総理はアイゼンハワーの安全を守るため
全国に広がった反対運動と、
国会に押し寄せるデモの波を
警察と右翼の支援団体だけでは
デモ隊を抑えられないと判断し、
『効果的な反対勢力』を組織した。

しかし国民の怒りと学生が加わり安保闘争も
更に激化し全国で巨大化していった。
岸総理は児玉誉士夫を頼り、
さらに3つの右翼連合組織にも
行動部隊になるよう要請。

岸総理自身が1958年(昭和33年)に組織した
木村篤太郎率いる新日本協議会、
右翼の連合体である全日本愛国者団体会議、
戦時中の超国家主義者もいる日本郷友会である。

更に「博徒、暴力団、恐喝屋、テキヤ、
暗黒街のリーダー達を説得し、
最終計画によると1万8千人の博徒、
1万人のテキヤ、1万人の旧軍人と
右翼宗教団体会員の動員が必要であった。

彼らは政府提供のヘリコプター、セスナ機、トラック、
車両、食料、司令部や救急隊の支援を受け、
さらに約8億円(約230万ドル)の『活動資金』が
支給されていた

連日デモ隊に包囲され、
6月10日には大統領来日の準備をするために
来日した特使、ジェイムズ・ハガティ新聞係秘書
(ホワイトハウス報道官)が羽田で群衆に包囲されて
ヘリコプターで救出され避難する騒ぎになった。

6月15日には、ヤクザと右翼団体がデモ隊を襲撃して
多くの重傷者を出し、
国会構内では警官隊との衝突により、
デモに参加していた
東京大学学生樺美智子の死亡事件が発生した。

こうした政府の強硬な姿勢を受けて、
反安保闘争は次第に反政府・反米闘争の色合いを
濃くしていった。
岸は、「国会周辺は騒がしいが、
銀座や後楽園球場はいつも通りである。
私には“声なき声”が聞こえる」と沈静化を図るが
(いわゆるサイレント・マジョリティ発言)、

東久邇・片山・石橋の3人の元首相が岸に
退陣勧告をするに及んで事態は更に深刻化して、
遂にはアイゼンハワーの訪日を中止せざるを得ない
状況となった。

6月15日と18日岸から自衛隊の治安出動を
打診された防衛庁長官・赤城宗徳が拒否。
安保反対のデモが続く中、一時は首相官邸で実弟の佐
藤栄作と死を覚悟する所まで追いつめられた、

6月18日深夜、条約の自然成立。

6月21日には批准、昭和天皇が公布した。

6月23日、新安保条約の批准書交換の日岸は
閣議にて辞意を表明、

7月15日、混乱の責任を取る形で岸内閣は
総辞職した
之は総て公開されている安保の影の実態ですが
岸信介の自衛隊協力要請が、国民の為か
自分の権力の保持の為かは
皆様に判断して頂きたい。

一つ言える事は、岸信介は孫の安倍氏が、
総理に成る事を熱望していた。
そして其のとおりになり、結果として現在は

満州国での
1)虐殺問題否定
2)慰安婦問題否定
3)731部隊(関東軍防疫給水部)=人体実験
石井部隊問題否定
4)岸信介の中国での阿片・麻薬問題触れず
5)憲法問題改憲意欲的
7)靖国問題軍の創設理由無言
戦犯を神格化への洗脳

総て戦犯の熱望問題を其の侭継承している事である
私の資料による疑惑と心配を皆様は
度の様に思われるでしょうか
私には大変失礼だが北朝鮮と
変わりないように見える。
まだ、牙を隠している日本の集団の方が
もっと恐ろしい結果を齎すかも知れません。
自衛隊の国軍化と核兵器への
プルトニューム確保の為へ原発継続は
彼らにとって必然の事なのです

8月6日広島平和記念式典であるが、
現在の安部総理は国軍の復活を公言し、
小型核兵器推進思想を持ち
其の為の原発推進を維持する為の
海外への原発輸出構想を実行しようとする
平和憲法を米国の押し付けと改憲に走る
悪総理が挨拶に立つ事自体が原爆の犠牲者
遺族関係者に愚弄しているのである。

勿論私達にとっても岸信介の思想を受け継ぐ
過激な総理を選ぶ事が目先の利害に溺れ
口先の言葉に惑わされた総有権者の僅か
比例実質16%の政党が国を握り
麻生元総理が後援会で思わず滑って出た言葉
ナチスは其の裏に隠された
権力者は議会を握れば国民が知らないうちに、
法律も・憲法も都合の良い様に替えられる、
現在我々は力を持っているのだ!
と言う驕りと、総理の之からの方針を
知っている事から出た言葉ではないだろうか!
メデアではナチスの言葉に注目させているが
誰も其の裏を考えずに忘れてゆく
愚かな国民になってしまった

これ等の主要なメンバーが自由党から自民党へ
戦後の日本を握っていたのである。
多くの生還兵が誰もが黙して語れなかった理由が
現代の皆様にはお分かりでしょうか、
叔父たちは生還しても戦中の延長で公言する事が
出来なかったのです。
満州から早く帰還した関係者は当然総ての証拠は
処分し其れでも戦犯を覚悟していました。
しかし最後まで市民の母国へ脱出を助けた、
下級兵士達は捕らえられシベリアに送られたのです。
其の中で生き残って来ても故郷に帰れば、
日本の政府は戦犯だらけでは、
死ぬまで心の中に仕舞うしか無かったのです。
私も調査を始めた時、脅迫・脅しを受けました。
其れから仕事でも調査を行っている事を
口外しませんでした。
之が現実だったのです。





スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿
 
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。