プロフィール

kiko

Author:kiko
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦後の最初の選挙は大選挙制・制限連記制
IMG_0004.jpg


戦後最初の内閣は昭和天皇の依頼を受け
昭和20年10月9日
幣原喜重郎内閣よって始まり
幣原内閣で自主的に
戦争に加担した議員の公職追放
女性参政権を作り
戦後最初の総選挙の素案とのです。

資料全部から書くと大変な量になりますので
要点だけ簡単に書きます。
P1040768.jpg

★戦後の新しい国創りの始まり
戦後の最初の内閣は東久邇宮稔彦王内閣で
史上唯一皇族が首相となりました。
在任期間は昭和20年8月17日~昭和20年10月9日
54日間で史上最短であり
最後の挙国一致内閣でもあります・
戦後昭和天皇の依頼を受け、
昭和20年10月9日~昭和46年5月22日まで続いた
幣原喜重郎内閣で始まリました。
「民主主義的傾向の復活強化」と
ポツダム宣言に書かれていた事から
戦争に加担した多くの議員を公職追放と
女性参政権を実施し
戦後の最初総選挙の実施に坂千秋を起用し
総選挙は大選挙制・制限連記制によって
行われたのが戦後最初の総選挙です。

★戦後の選挙制度の始まりは
戦前の衆議院は中選挙制であり
幣原喜重郎内閣は堀切善次郎氏起用を要請し
堀切善次郎は内相就任したが、
選挙法改正と総選挙の実施を条件に
就任を引き受けている。
此の事が戦後の選挙制度の始まりと言える。
堀切善次郎は選挙の神様と言われる程の
坂千秋を起用し
占領下で置かれた日本政府は
「民主主義的傾向の復活強化」と
ポツダム宣言に書かれていた事から
中選挙制の指摘を受ける前に
自主的に改正を試みたのです。
大選挙制で動いた結果、当時は戦争直後で、
人口の移動が激しいことから、
制限連記制を付け加える事となったのです。
大選挙区とは当時の内務省では府県を
分けないことを指しています。
今の全国区を言うのでしょう
国際的には当時でも民主主義とは
程遠いものでした。
其の為に坂千秋を起用し選挙法改正にも
大選挙区には大きな壁と苦労が有り
止むを得ず考え出したのが
大選挙区・制限連記制でした。
国際的にも特殊で付けた名目は
大選挙区・制限投票・非移譲式(SNTV)と
呼ばれていました。
しかし幣原喜重郎内閣の頃
マッカーサーの「五大改革指令」があったことで
幣原喜重郎内閣によって自主的に
女性参政権が実現して、
総選挙前に戦前の戦争に加担した
多くの議員は公職追放となり
出馬出来なくなったのです。
其のことで大量の新人や多くの女性議員が
誕生した選挙でもありました。
選挙制度についてはGHQは
日本側の自主性を尊重し認めました。
之が最初の総選挙の柱となり
昭和21年4月10日
戦後最初の選挙が実施されたのです。
P1040767.jpg

★戦後最初の選挙が実施されてから67年
現在戦後最初の選挙が実施されてから67年経ちました。
今の選挙制度は
国民の信任を得た
日本の代表者とは言えません。
しかも現在の政治家は狭い小選挙区で、
組織票が分散され僅かでも当選出来るのです。
其れ所か、比例代表並立制は政党に投票し
其処でも議員が選出されるのが現状です

◎小選挙区比例代表並列制と言う
今までの政治家と癒着構造関係者に都合がよく、
何度も言葉巧みに替えて来た結果です。
僅かな組織票が最大限に生かされ、
しかも政党政治で権力者が選挙をせず、
◎落選しても復活当選と重複立候補制度言う
愚劣な比例制度。
◎憲法に書いていない、政党への投票。
其の投票数を政治家に分け与える、
違憲行為を無視した身勝手な政治家達。
◎三権分立を行使出来ない裁判官の存在にも驚く。
◎憲法下の国内法を憲法に違反するか独自に調査
(違憲立法審査権)を行使し待ったを掛けるのも
司法権の役割です。
*12年の衆院選をめぐる訴訟で比例区についての判決は初めて。
小選挙区ではこれまで6件の判決が出ており、
「違憲」「違憲状態」とした上で、いずれも無効請求は退けている。
党利党略で党拘束を掛け、国民選出議員の個々の考え方と
意見を摩擦してしまうのである。


★最新の選挙結果によってどうなったのか
第46回衆議院での自民党の支持率は僅かに16%
其の後は新政権の問題点を探り
監視すべきメデアが第45回衆議院での扱いとは
全く違っていいました!
自民党が政権に返り咲くと,主要メデアを活用し
民主党の政権の時に鳴りを潜めていた、
自民党の癒着構造に寄与していた
竹中平蔵氏を始め御用学者・評論家・解説者等が
頻繁に起用した事です。
その結果安倍氏寄りの黒田日銀総裁を作り出し
経団連が望む円安誘導・デフレからインフレ誘導・
優遇策の減税・補助金・ばら撒き等の三本の矢
之は小泉氏が行った劇場型政治であり
之にメデアが総て大成功の如く宣伝マンとなり
アベノミクス用語創り上げ
一般大衆の考える隙を与えず
一気に大衆を洗脳するやり方は成功し
支持率を急激に引き上げたのです
国民はその結果大増税+エネルギーの個人負担
やがて物価上昇は円安で
国内産業の輸出は世界の金持ちだけの
相手の商売となり難しくなります。
円安で増えた観光客はやがて以前と同じ様に
金持ちしか来れなくなり急激に減るでしょう。
総ては大企業のために海外進出の
資金稼ぎの政策で国民は相変わらずの
踏み台にしか考えていません
この様に最初の時点から悪のミクスと感じた
私の間違いでしょうか?

腐敗を呼ぶのは私たち国民の責任が一番大きいのです


引き続き★『メデアが報道しない自民党大勝の真実』
を乗せます
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿
 
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。