プロフィール

kiko

Author:kiko
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 原子力発電所の目的は産業核兵器(英文訳付き) 

原子力発電所が実際に行っている業務は
The duties that a nuclear power plant really performs

平和利用名目では発電業務であるが実は実際には
The peaceful use is nominal, and is generation duties,; but, in fact, really

プルトニュウム・トリチウムその放射性物質の生産を
The purutonyumu・torichiumu radiological production

する過程で出る熱を利用して水蒸気タービンを回し
I turn a steam turbine using heat to come out in a process to do

発電に利用しているだけなのである。
I only use it for generation.



★放射性物質とは
With the radioactive material


◎ プルトニュウム生産=核兵器(原子爆弾)
purutonyumu production = nuclear weapon (A-bomb)

◎ トリチウム=水素爆弾、中性子爆弾、核融合実験炉の材料
A tritium = hydrogen bomb, neut, materials of the nuclear fusion experimental reactor

◎ 原子力発電所の使用済み燃料から発生する
It occurs from the spent fuel of the nuclear power plant

◎ 核燃料廃棄物(アイソトープ)=兵器用(劣化ウラン弾)
Nuclear fuel waste (isotope) = weapon use (depleted uranium shell)

◎ その他=実験資料、医療用、蛍光塗料、LED照明等
Other = experiment documents, medical fluorescent paint, LED light



上記から分るように、その多くが軍事目的(兵器生産)であり、
The most are military purposes to understand it from the above (weapon production),

アイソトープに関しても、実は使用目的の殆どが軍事用で
In fact, about the isotope, the most of the purpose of use are for military affairs

一般には民生用と思われている物も其の過程で
In general, the thing thought to be consumer is the process

生まれた物に過ぎない。
It is only a created article.




★核燃料廃棄物(アイソトープ)の主力生産物は
The main product of the nuclear fuel waste (isotope)

劣化ウラン弾で大きく分けて二種類有ります。
I distribute it with a depleted uranium shell greatly, and there are two kinds.


1) アイソトープ弾
Isotopic bullet

住民や家畜を放射能で殺す
I kill inhabitants and a domestic animal by radioactivity

(ウラン238は含まない)
(the uranium 238 does not include it)


2) 炸裂弾
Explosion bullet

国土、環境に放射能を撒き散らし焦土とする
I scatter radioactivity in a country, environment and assume it burnt ground

(ウラン238を含む)
(including the uranium 238)


* 劣化ウランはその硬質な物性のため、
The depleted uranium for the hard properties of matter,

弾頭部分など兵器の構造材に再利用されていると
When it is reused by structure materials of the weapon including the warhead part

喧伝されていますが、
I am noised about,

現実には放射能による生物殺戮兵器であることは明らかです
In reality, it is clear to be a creature massacre weapon caused by the radioactivity

米陸軍軍医による過去の研究論文に
In the past thesis by the U.S. army army surgeon

劣化ウラン弾の配備を問題視する記述
Description to bring the deployment of the depleted uranium shell into question

「人体(使用する兵士も含む)に非常に有害な為、
Because "I am very harmful to the human body" (including the soldier to use),

使用は好ましくない」とある。
When the use is unfavorable, there is it.



湾岸戦争やアフガニスタン戦争で劣化ウラン弾が
In the Gulf War and war in Afghanistan a depleted uranium shell

米軍に使用され、その放射能が偏西風に乗って、
Is used for the United States Armed Forces; the radioactivity on prevailing westerlies,

戦地だけでなく、日本を含む世界中が汚染されてしまい、
As well as the battle front, the world including Japan is polluted,

その結果、自然背景放射の100万倍も汚染された。
As a result, 1 million times of the natural background radiation was polluted, too.



日本では其の劣化ウラン弾が憲法違反を恐れ、国民に秘密裏に
The depleted uranium shell for fear of unconstitutionality to the nation behind closed doors

国内で生産していたのである。
I produced it in the country.

場所は山口県岩国市米軍岩国基地の近くにある
There is the place near Iwakuni-shi, Yamaguchi United States Armed Forces Iwakuni base

三井化学大竹工場が劣化ウラン弾の秘密工場だった
Mitsui Chemicals, Inc. Otake factory was the secret factory of the depleted uranium shell

★三井化学大竹工場は表向きは化学工場として有ったが
A chemical factory included the Mitsui Chemicals, Inc. Otake factory officially

1) アイソトープ爆弾の弾頭工場、
Warhead factory of the isotopic bomb,

2) 炸裂弾の小弾頭(炸裂弾に詰め込まれている中身)工場
Small warhead (the contents packed an explosion bullet with) factory of the explosion bullet

二種類の工場が存在し、ここで造られた爆弾弾頭は全て、
None of the bomb warheads which two kinds of factories existed, and were made here

近くにある米軍の岩国基地に供給されていると
When I am supplied to the Iwakuni base of the United States Armed Forces in the neighborhood

言われているが、
I am said,

実は日本の海上自衛隊もMK-38重機関銃用の
In fact, in the Japanese Marine Self Defense Force, I am for MK-38 heavy machine guns

砲弾の一部に劣化ウラン弾が配備されていたのである。
A depleted uranium shell was deployed to some cannonballs.

劣化ウラン弾が世界的に問題になり、
A depleted uranium shell becomes the problem worldwide,

自衛隊もタングステン砲弾に切り替えている。
I change the Self-Defense Forces to a tungsten cannonball.

しかし、其れでは配備されていた劣化ウラン弾は
However, the depleted uranium shell that it was deployed it redeha

何処で製造していたのか、
Where did it produce it?

材料(アイソトープ)は何処で入手したのか
Where did you obtain the materials (isotope)?

総て闇の中に隠されてしまう、
It is covered in all darkness,

影で違憲行為を国民に隠れて当たり前の様に行い
I am covered to the nation and perform an unconstitutional act in a shadow routinely

其れが正当化されるならば
If it is become it rega justice

彼らが言う民主主義国家とは誰の為の物だろうか、
Will the democratic nation where they say to be a thing for whom?

配備された劣化ウラン弾が他に生産地があると思えないが
Think that there is a straight production center elsewhere, and there is not a deployed depleted uranium shell

日本国民に知らせず紛争・戦争を想定して
Assume a dispute, war without telling a Japanese citizen

密かに研究しているのか、様々な疑問が湧き出てくる。
Various questions spring out whether they study it secretly.


旧日本軍の戦時中の核開発・細菌兵器の時と同じである。
I am the same as time of the wartime nuclear development, bacteriological weapon of the former Japan forces.


★三井化学大竹工場に眠る劣化ウラン
The depleted uranium which lies in the Mitsui Chemicals, Inc. Otake factory

山口県岩国市の三井化学岩国大竹工場の
Of the Mitsui Chemicals, Inc. Iwakuni Otake factory of Iwakuni-shi, Yamaguchi

酸化塔で発生した爆発事故について
About the explosion accident that occurred at an oxidation tower

述べています。
I speak it.

そして、この事故に関するメディア報道の中にある
And there is it in the media coverage about this accident

以下の文言について詳細に触れています。
I touch it about the following words in detail.

◎ 「この工場には、放射性物質である「劣化ウラン」が入った
ドラム缶をおよそ3,400本保管しているということだが、
異常はなく、被害もなかったという。
"It means that I keep approximately 3,400 drums which a radiological "depleted uranium" was in in this factory, but there is not the abnormality, and it is said that there was not the damage".

(報道ソースFNN)
(news source FNN))
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00221770.html


* 報道ソース(FNN)で確認したくてURLを検索したが、
I wanted to confirm it in news source (FNN) and searched a URL,

「此のご指定のページは存在しないか、現在ご覧になれません」
"I cannot look at it now whether the page of this designation does not exist"

◎ 「同社は3月28日と爆発があった4月22日以降の保管倉庫と
周辺の放射線量が毎時0.22~9.31マイクロシーベルトを示し、
「事故前後で数値は変わっていない」と説明したという。
"A safekeeping warehouse after April 22 when we had March 28 and an explosion and neighboring radiation doses show 0.22-9.31 an hour micro sievert to the company, and it is said that I explained" it when "the numerical value is not strange in approximately an accident".

*(報道ソース中国新聞)
(news source Chugoku Shimbun-sha)
http://www.chugokunp.co.jp/News/Tn201205020009.html


* 報道ソース中国新聞で確認したくてURLを検索したが、
I wanted to confirm it in news source Chugoku Shimbun-sha and searched a URL,

「ご指定のページは存在しないか、現在ご覧になれません。」
I cannot look at it now whether the page of the designation does not exist.

と此の報道ソース本文のURLが消され確認が取れない。
Of the news source text of to this a URL is deleted, and do not get confirmation.



★爆発に関する内部告発
Whistle-blowing about the explosion


1)「爆発の原因ですが、人為的に引き起こされたもので、
会社のある幹部が行った(中略)・・なぜ、自社の工場を
わざわざ爆発させたのか、その理由はアメリカ軍と三井化学と
電力会社と日本国政府の陰謀を世間に公表したかったからです。」
"It is the cause of the explosion, but this is because the reason wanted to announce U.S. forces and Mitsui Chemicals, Inc. and an electric power company and a plot of the Japan government in the world whether the executive with the company performed it with a thing caused artificially (omission) and gave vent to why, a company's factory expressly".

2)日時を正確に覚えていませんが、10年位前私が住んでいた
町にある三井化学の工場が火災事故を起こしました。
I did not remember the date and time precisely, but a factory of Mitsui Chemicals, Inc. in the town where I lived in around ten years ago caused a fire accident.

工場に上がる火を見て市の消防車が出動したのですが、
同工場は門を閉ざし、消防関係者を一歩も中に入れませんでした。
The fire engine of the city was dispatched to see fire to break out in the factory, but the factory shut the gate and did not put the firefighting person concerned in the one step inside either.

工場内の私設消防隊が対応するということで門前払いをしたのですが、
火の手の上がった工場は、結局焼け落ちてしまったようです。
I shut the door in its face that the private fire brigade in the factory coped, but the factory which the flame went up seems to have burnt down after all.

★ 岩国基地の地下に保管の核兵器
It is a nuclear weapon of the safekeeping in the basement of the Iwakuni base


岩国基地の地下に保管されている核兵器と放射性物質
A nuclear weapon and the radioactive material which are kept underground of the Iwakuni base


(1) 原子爆弾完成品 72本 (2m×50cm)
72 A-bomb finished products (2m *50cm)

  長崎級の30倍程度の威力
Power of around 30 times of the Nagasaki grade

  アメリカ本土から輸送されてきた物。
The thing which has been transported from the mainland U.S.



(2) アイソトープ弾頭 580個 (40cm×40cmの円柱)
580 isotopic warheads (column of 40cm *40cm)

  三井化学大竹工場内で生産されたもの。
The thing which was produced in Mitsui Chemicals, Inc. Otake factory.

(3) 炸裂弾頭 330個 (40cm×30cmの卵形)
330 explosion warheads (ovoid of 40cm *30cm)

  弾頭当りの炸裂小弾数150個
150 number of the explosion small bullets per warhead

  三井化学大竹工場内で生産されたもの。
The thing which was produced in Mitsui Chemicals, Inc. Otake factory.


*日本の核兵器生産、自衛隊の核兵器配備や
Nuclear weapon production of Japan, the nuclear weapon deployment of the Self-Defense Forces

米軍基地の軍機・米軍基地に寄航する艦船に
To vessels doing calling at port in a military plane, the US base of the US base

国内で核兵器が搭載され保管されている事は
A nuclear weapon is equipped with in the country and being kept

秘密協定で国民に知らされていないだけである。
I am not only informed of it to the nation in a secret agreement.

自民党や軍需産業にとって国民を蔑ろにしても
Even if I make the nation contempt for the Liberal Democratic Party and the war industry

罪の意識は無い。
There is not a sense of guilt.


あくどいのは、憲法は表向きで違法行為は証拠さえなければ
If, as for what is vicious, as for the constitution, the illegal act does not have even evidence in ostensibility

隠し通し、否定し続ければ、時が過ぎると国民は忘れる。
If I keep on covering it and continue denying it, the nation forgets it when time passes.

戦犯と同じ様に、或いは福島の原発・津波の防潮堤被災に
For the seawall suffering of nuclear power generation, the tsunami of in the same way as a war crime or Fukushima

想定外として責任回避し個人、企業の責任を問割れない様に
Evade responsibility as the assumption outside; an individual, the responsibility of the company to monwari renai

玉虫色法律が完備された、???
An ambiguous law is fully equipped with???

政治家が立法で調整すれば、後は問題となるのは、
Becoming the problem afterward if a politician adjusts it with a legislation

日本の軍需工場が米軍のためにせっせと核兵器を製造して
稼いでその秘密工場について、情報が漏れない様に
So that a munitions factory of Japan produces nuclear weapons hard for the United States Armed Forces and makes money, and, about the secret factory, information does not leak out

すれば、政治家は軍需産業からの献金と、
If do it; a politician with the contribution from the war industry,

米軍協力による権力の地位が向上し総理に成れる訳です。
It is reason a position of the power by the United States Armed Forces cooperation improves, and to be able to become the Prime Minister.



★三井大竹工場敷地内における秘密工場の情報は
The information of the secret factory in the Mitsui Otake factory site

1) 炸裂弾工場
Explosion bullet factory

 500kg放射性廃棄物缶が約600本 
Approximately 600 canned 500 kg of radioactive waste

2) アイソトープ弾工場
Isotopic bullet factory

 400kg放射性廃棄物缶が約300本
Approximately 300 canned 400 kg of radioactive waste


3) 核廃棄物貯蔵庫
Nuke puke storehouse

 同様の放射性廃棄物缶が約3700本
Approximately 3,700 canned similar radioactive waste



★放射性廃棄物缶の放射性物質構成は
The radiological constitution of the canned radioactive waste


* サマリウム(Sm)
Samarium (Sm)

* ジルコニウム(Zr)
Zirconium (Zr)

* ストロンチウム(Sr)
Strontium (Sr)

* セシウム(Cs)
Cesium (Cs)

* テクチニウム(Tc)
tekuchiniumu (Tc)

* テルル(Te)
Tellurium (Te)

* バリウム(Ba)
Barium (Ba)

* プロメチウム(Pm)
Promethium (Pm)

* 他(全50種程度)
Others (all around 50 kinds)


これらの存在比率は福島原発事故によって放出された
These existence ratios were released by Fukushima nuclear plant accident

放射能性核種の比率とほぼ一緒であると言います。
I say that I am approximately same as the ratio of the radioactivity-related nuclide.

サマリウム147の半減期は1.06×10の11乗年(約1000億年)、
The half-life of samarium 147 1.06*10 11 jonen (approximately 100 billion years),

放射線量が殆ど変化がない物質。
A radiation dose is a material without a change almost.

危険な核種についての情報は秘密なのか知られていない。
It is not known whether the information about a dangerous nuclide is a secret.

原子力発電が、平和利用いう大義名分が
The just cause that nuclear power generation says the peaceful use to

日本では果たして正しいと言えるのか。
May it be really said that I am right in Japan?


日本は戦時中の軍に協力した軍需産業(財閥)が
The war industry (financial combine) that Japan cooperated with the wartime military

GHQによって解体させられたが
I was made to dismantle by GHQ

米国のCIAによって米国の利益の為に米軍のバックアップと
By American CIA for profit of the United States with the backup of the United States Armed Forces

満州国・国内での人体実験・核開発・
Experiment on a human body, nuclear development ・ in Manchurian country, the country

原子爆弾被災と人体調査資料・武器開発資料等の協力や、
A-bomb suffering and the cooperation such as a human body dossier, the weapon development document,

占領政策に協力させる傀儡政権の為に多くのA級戦犯者が
Class-A war criminal people much for puppet government letting an occupation policy cooperate

解放され軍需産業も米軍基地維持の為にゾンビの様に
Is freed; as for the war industry for US base maintenance like a zombie

生き返ったのである。
I revived.


更に朝鮮戦争が政府を通さず、米軍に直接取引して
Furthermore, the Korean War deals it directly in the United States Armed Forces without the government and

大きな財を築いた。
I built the big fortune.

傷口を舐める様に経団連を作り電気事業も連合を作り
I make the Federation of Economic Organizations to lick the wound, and the electricity company makes the alliance

合流した。
I joined.

戦中に軍によって多くの事業者が接収され
Many companies are requisitioned for wartime by the military

電気事業者も同じ様に軍によって10社に接収された
The electric company was requisitioned in the same way in ten companies by the military, too


戦後は日本は島国で有りながら軍が本土決戦を唱えた為に
Because while Japan was an island, and there was it after the war, the military advocated mainland decisive battle

制空権を失っている本土は全土が激しい爆撃を受けた。
The mainland which lost the command of the air caught the bombing that the whole land had intense.

焦土に化した日本で、CIAに協力した軍需産業は
The war industry that cooperated with CIA in Japan which became it on the burnt ground

一人勝ちし、巨大化したのである。
I was the sole winner and became gigantic.


現在の多国籍企業がアラユル業種に分散化し、
A current multinational enterprise becomes dispersion in ARA Yul type of industry,

日本の企業総数約421万社あり、
There is approximately 4,210,000 company total number of Japan,

「大企業総数約1.万社(0.24%)」
"Big company total number approximately one.ten thousand Corporation" (0.24%)

「経団連加盟企業数1.656社と言われているが
I am said to be 1.656 number of Federation of Economic Organizations corporate members

*東証第一部上場企業を合わせて1760社約0.04%」
First Section of the Tokyo Stock Exchange listed company in total 1,760 approximately 0.04%

である。
dearu.

双方合わせても約0.3%しかないのである。
Only in total approximately 0.3% have both sides.

当然大手銀行も再編制で手の内にある。
Naturally intentions include the major bank by reconstitution, too.


安部氏の第一第二第三の矢は之を利用した物だと考えられる。
It is thought that the first second third arrow of Abe is a thing using kore.

総てが経団連に富が集中しているのだ。
All is that wealth is concentrated in the Federation of Economic Organizations.

改革も資金が大きい者が最終的に益を得るからだ、
The reform is because the person whom a fund has a big finally gets gain


これまでの情報が事実であるなら、東電など電力事業者
日本で最大の力を持つ三菱・三井・住友・安田等の
Of Mitsubishi, Mitsui, Sumitomo, Hitoshi Yasuda who has the biggest power in electricity company including Tokyo Electric, Japan if past information is a fact

戦中に軍に協力させる為の経済統制によって作り出された
It was created by economic control to let the military cooperate for wartime

財閥集団の経団連・そして影の部門を受け持っていた
I took charge of the section of the Federation of Economic Organizations, the soshite shadow of the financial combine group

ゼネコン・政府・官僚・メデアと癒着だらけである。
I am full of general contractor, the government, a bureaucrat, medea and the adhesion.

其れを作り上げた米国のCIAは米国が逆にの本の立場なら
The situation of the nino book reverse in it reo American CIA which I made up the United States

度の様に思うのであろうか。
Will you think like a degree?

自衛隊・米軍が行っている行為は、米軍だけでなく
The act that the Self-Defense Forces, the United States Armed Forces perform is not only the United States Armed Forces

我が日本国も湾岸戦争、イラク戦争、
In our Japan the Gulf War, the Iraqi War,

そしてアフガニスタン戦争の間接的加害者で
And it is an indirect assailant of the war in Afghanistan

日本国民も知らないとはいえ、
Although I do not know the Japanese citizen either

安部総理の祖父から始まった日本国民への裏切りは
The betrayal from a grandfather of Prime Minister Abe to the Japanese citizen who began

更なるテロへの脅威は、犠牲者が出た時誰が責任を負うのか
As for the menace to further terrorism, who takes responsibility at time when a victim appeared?

善良な国民の死体の数を数えて00%なら想定内とし、
I count the number of bodies of the good nation, and it is said that 00% are expected,

戦争への参加に微笑むのか!
Do you smile for participation in war?


自国の政府・軍需産業の実態に無関心であった責任は
The responsibility that was indifferent to the actual situation of the government, the war industry of the own country

私達国民にもあるのです。
We nation has it.

既に劣化ウラン弾によりばら撒かれた放射能の影響により、
Under the influence of the radioactivity that it was already sprinkled a rose by a depleted uranium shell,

イラクで急増している癌・白血病や奇形について
About a cancer, leukemia and deformity increasing rapidly in Iraq

日本も国際的にも重大な責任を負う立場ということになります。
Japan is the situation that takes serious responsibility globally.




スポンサーサイト

Merry X‘ MAX and a Happy now year


友人の皆様こんにちは!

今日は宗教・宗派は違いましても、

24日はクリスマスイブ

明日は25日クリスマスで御座います。

大変体調が悪く気がついたら

19時を大きく回っていました

いつ寝込んだのか解りませんでしたが

ベットの上で隣の部屋の鳴り続けていた

携帯とプチに起こされ部屋の暗さに焦りました

ガハハハハハ!



24日Christmasクリスマスは(キリスト降誕際)・

eveイブは(前夜祭)と言う意味で御座います。

本当は、日が変るまでイエズス誕生を待つ

祈りの日で御座います。


今は時代が変りましたが(笑)


日が変り、クリスマスの降誕祭25日は、

喜びと祝いの日と同時に

キリスト生誕で新しい世界に変る意味で

Happy now year(ハッピー・ニュー・イヤー)

新しい年よおめでとうと祝います、


其処で海外のキリスト教徒は、クリスマスカードに

必ずとChristmas and Happy now yea と

書かれているのは其処から来ます。


日本では宗教の自由から宗教上の祝日は在りません。

しかし世界的イベントとして認知される様に成り

或いは恋人同士の愛の表現の日としても、

利用される様に成りました。

少し商売に利用され過ぎてもいますが(笑)


其れは其れとして、クリスマスのイベントが出来、

平和である事は、素晴らしい事ですから。

世界の中には此の日でも殺し合いの紛争が

数多く現存しているのですから・・・・・


其の事を踏まえて、

皆様今日は素晴らしき家族との語らいに、

良き友人達との繋がりに、

そして愛する人との素晴らしき日々に成ります様に、

そして私の素晴らしき友人であり、

クリスマスを飾るアーティスト皆様、

其のアーティストを愛する友人の皆様、

今日は、素晴らしい日をお過ごし下さい。

Merry X‘ MAX 

and 

a Happy now year

そしてお早う御座います、

今日の日が皆様に素晴らしい日であります様に、

素晴らしい友人の皆様心から感謝致します

◎山下 達郎 クリスマス・イブ
http://www.youtube.com/watch?v=Kfm-xprpk3g&feature=related

◎さだまさし 「遙かなるクリスマス」
http://www.youtube.com/watch?v=LoQoSTT-VGg&feature=related


Merry X‘ MAX and a Happy now year

You`re the kind of person

  that people don`t forget

once they`ve met you...

  because they sense

you`re someone really special...

  and I know they`re right.

Have a Wonderful Christmes


小父さん英語間違えているかも?(笑)

(昨年友人から小父さん英語間違えている~~~と、

指摘が有りました、恥ずかしい~~~でも、

ま、いいか!変な小父さんだから許して!

あえて今年も此の挨拶に致します

無事1年間を活かされた神と母と友人の皆様に

感謝を込めて!プチもいました。爆笑!)


◎Silent Night - Hayley Westenra (Songs of Praise The Big Sing)
http://www.youtube.com/watch?v=cmyCM1tz_NE&feature=related

◎Hayley Westenra - Amazing Grace (Live)
http://www.youtube.com/watch?v=BOrlCYp8TgU&feature=related


◎Ave Maria (Caccini) - Hayley Westenra
http://www.youtube.com/watch?v=OggoeByxrDg&feature=related

◎《グレゴリオ聖歌》 Gregorian Chant-Dies irae/arranged for voices by Mikako Matsumoto
http://www.youtube.com/watch?v=LXYOd5W5QQE&feature=related

ジョン・レノン ~ビートルズ~
◎[HD] John Lennon - Happy Xmas (War Is Over)
http://www.youtube.com/watch?v=z8Vfp48laS8&feature=relate





 弁護士・知識人・心ある記者達は
  違憲塗れの改正の実態を容認するのか
 

Do thoughtful reporters accept the actual situation of unconstitutionality covered revision a lawyer, an intellectual?

A級戦犯の2世・3世達の時代遅れの核兵器を前提とした
I premised the outdated nuclear weapon of .3 second world of the Class-A war criminal

第二の朝鮮を真似た猿的発想は、軍事大国への
The idea of the monkey in imitation of second Korea to the military power

米国ハリウッドの派手な戦闘シーンの戦争映画とスパイ合戦、
A war movie and spy battle of a showy fight scene of Hollywood, U.S.A.,

アニメとバーチャルで育った愚かなオタク軍願望達は、
An animated cartoon and the stupid geek forces desires who I was virtual, and was brought up,

平和憲法を捨て極右の旧軍体制回顧とした法作りに没頭していた。
I was devoted to the making of law that assumed a peace constitution old general's appearance system recollection of the abandoned extreme right-winger.

国民に秘密裏にである。
To the nation behind closed doors.

国民に対しての背任行為は彼らにとって
The malpractice for the nation for them

軍組織の打撃を負わづに、国民の何パーセントの被害で留めるか
Do you fasten the blow of the military organization with minus number wazuni, what percentage damage of the nation?

なのである。
So there is it.

米軍と共同作戦とは戦闘だけではない、今まで無かった中東の
The United States Armed Forces and the joint strategy are not only battles; of the Middle East that there was not so far

米軍を敵対視しているテロ組織を、敵に回すことであり、
It is to antagonize the terrorist organization which regards the United States Armed Forces as hostility,

米・英・ロ・中国に様に大国であっても防ぐ事は出来ないのである。
Even if it is a large country, a state cannot prevent it in the United States, British low China.

ドロ沼の戦いであり戦場は国内本土になる事を忘れてはいけない。
It is the fight of the bog, and the battlefield must not forget to become the domestic mainland.

皆様は本当の戦場をご存知なのか?
Do all of you know a true battlefield?

私は海外で戦闘の真っ只中の戦闘現場を知っている。
I know the battle spot right in the middle of the battle abroad.

毎年12月になると思い出し忘れる事が出来ない。
I begin to think that it is December and cannot forget it every year.

人間の醜さを戦場の狂気を、戦場の死体とは何かを知っているからだ。
This is because it knows something with the body of the battlefield for the insanity of the battlefield with human ugliness.

知らない物が、乗せられて戦争ごっこをする愚かな事で
In being stupid that a thing not to know is ridden and play war

その結果起きる事態に、生死を持って責任を取れるのか?
As a result, can a situation to happen take responsibility with life and death?

戦犯で有りながら命乞いをして国の頂点に成り、
While there is it for a war crime, I beg for my life and become the top of the country,

国民を踏み台にして来た彼らと、其れを継承し歴史を改竄し
With them who stepped over the nation, I succeed to it reo and tamper with the history

過去に戻り帝国を築く国軍を再生しようとしている。
I am going to reproduce the national military to build the return empire in the past.

憲法草案と下記の法案はまさに、私が最も案じていた事である。
A constitution draft and the following bill are right what I worried about most.


【国民保護法】(改訂版)(法案通る)
Nation protection law (revised edition) (a bill carries)

【安全保障会議設置法改正案】(法案通る)
Security Council setting revision bill (a bill carries)

【特定秘密保護法】(法案通る)
Specific Official Secrets Act (a bill carries)


自民党の日本国憲法改正草案は現在公開されているが
The Constitution of Japan revision draft of the Liberal Democratic Party is shown now

多くの国民には知らされていない。
I am not informed of it to many nations.


其の前提として自衛隊の
【自衛隊法改正法案】がある。
Of the premise Self-Defense Forces there is Self-Defense Forces Law Reform Bill.

【第一章総則】
Chapter 1 basic rule

【第二章指揮監督】
Chapter 2 conduct supervision

【第三章部隊】
Chapter 3 military unit

【第四章機関】
Chapter 4 engine

【第五章隊員】
Chapter 5 member

以後は国民生活が制限される関連の深い条文。
The related deep text which the life of the people is confined to afterward.

【第六章自衛隊の行動】
Action of the Chapter 6 Self-Defense Forces

【第七章自衛隊の権限】
Authority of the Chapter 7 Self-Defense Forces

【第八章自衛隊法雑則】
Chapter 8 Self-Defense Forces Law minor regulations

【第九章自衛隊法罰則】
Chapter 9 Self-Defense Forces Law penal regulations



【有事法制の根幹図】
Figure of basis of the legal framework for war contingencies


【有事法制の根幹図】には、三つの流れが記入されている。
To an illustration of basis of the legal framework for war contingencies three flows are filled in.
   【有事法制】
Legal framework for war contingencies

(公開されている法令だが多くの国民は知らされていない)
(it is shown laws and ordinances, but many nations are not informed of it)

【武力攻撃事態等法】→
As for the armed attack situations, it is law →


【改正国家安全保障会議】(法案通る)
The revised National Security Council (a bill carries)


【国際条約関連】
International treaty connection


【国際人道法実地の法制】
Legislation of the international humanitarian law practice


【国際人道法】
[international humanitarian law]

【捕虜取扱法】
The captive handling method

【国際人道法違反行為処罰法】
The international humanitarian law violation punishment method

【ジュネーブ条約追加議定書Ⅰ】
Geneva Convention addition Protocol I

【ジュネーブ条約追加議定書Ⅱ】
Geneva Convention addition Protocol II


【有事法制】 
Legal framework for war contingencies

(公開されている法令だが多くの国民は知らされていない)
(it is shown laws and ordinances, but many nations are not informed of it)


【武力攻撃事態等法】
Law such as armed attack situations
   ↓
   ↓
【戦闘関連】
I am battle-related


【米軍の行動を円滑・効果的にする法制】
Legislation to do effectively smooth by the action of the United States Armed Forces


【自衛隊の行動を円滑・効果的にする法制】
Legislation to do effectively smooth by the action of the Self-Defense Force     


【改正自衛隊法】(改正部分)
Revised Self-Defense Forces Law (revised part)

【自衛隊の権限】
Authority of the Self-Defense Forces

【自衛隊の行動】
Action of the Self-Defense Forces

【自衛隊法雑則】
Self-Defense Forces Law minor regulations

【自衛隊法罰則】
Self-Defense Forces Law penal regulations

【米軍行動円滑化法】
United States Armed Forces action facilitation law

【特定公共施設等利用法】
Usages such as specific public accommodation

【改正日米物品役務協定】
Revised Japan-U.S. article labor agreement

【外国軍用品等海上輸送規正法】
As for the foreign munitions, it is the marine transportation readjustment method



【有事法制】
Legal framework for war contingencies
     ↓
     ↓
【武力攻撃事態等法】
Law such as ← armed attack situations


【国民避難関連】
I am nation refuge-related


【国民保護法制】
Nation protection legislation


 国民保護法までの経過
Progress to nation protection law

【国民保護法】(改訂版)(法案通る)
Nation protection law (revised edition) (a bill carries)


その他
Others

【イラク復興支援特別処置法】→失効している。
Reconstruction aid special treatment → in Iraq lapses.

【テロ対策特借法】
Terrorism taisaku*syakuho

【周辺事態法】=周辺事態に際して我が国の平和及び安全を確保するため
Because and peace of our country ensures the security on the occasion of an Emergency-at-periphery Law = surrounding situation
   
の措置に関する法律
Law about no measures
【PKO法案】
PKO bill

其の外に
Outside it
【国家総動員法】
National Mobilization Act

【工場事業場管理令】
Factory business ground management law

【国民職業能力申告令】
Ability for nation occupation report law

【有事法制】(編集中の法令)
Legal framework for war contingencies (laws and ordinances editing)

【武力攻撃事態等法】
Law such as armed attack situations

【国民徴用令】
Nation commandeering law

【集団的自衛権】
Right to collective self-defense

武器輸出三原則→事実上劣化ウラン弾を米軍に製造輸出していた
It produced it and exported depleted uranium shells to the United States Armed Forces in three weapon export principle → facts

等がある
Equal gaaru



以上であるが、之を見ると完全に戦中の軍事国家である。
That is all, but is completely a military nation of the wartime when I watch kore.

国民が願った平和国家の形も無い。
There is not the peacefully national form that the nation prayed for.
安部政権を見ていると北朝鮮と変らない三代の世襲が強権を
When look after the Abe Administration; a hereditary system of North Korea and Sandai who do not change state power

振るっているか、サタンに心を売った独裁者に見えるのは
The dictator who I am stirred up, or sold a heart to a Satan being able to see it

私だけだろうか?
Will it be only me?








 ★日本が平和憲法を捨てる日 

(前記)
現在国会にて日本版NSC国家安全保障会議・
特定秘密保護法案が
急に公開され国民が内容を理解出来ない内に
僅かな時間で審議され、国民の反対にも関わらず
衆参両院で成立してしまった。
やがて一気に様々な法案設立へもって移行としている様に伺える。

◎総ての法案は明らかに違憲である。
1)国民の承諾の前に国政選挙での公約には無く経済再生の問題を
  前面に出して、焦点を暈したこと。
2)一票の格差で裁判所から違憲・違憲状態を無視して選挙を
  強行した事
3)自民党日本国憲法改正草案を用意している。
  何故改憲を企てているのか、其れは彼らが考えているのは
  明らかに憲法違反を知っての確信犯で有るからだ。
  其れなのに国民には一切知らせようとはしていない。
  政治家が何でも出来ると傲慢になっているからだ。
  之を許せば民主主義の崩壊に繋がり、
  戦中へ戻る恐れがある。

権力分立(三権)は、現在の日本でも受け継がれている筈である。
立法(国会)、行政(内閣)、司法(裁判所)の3つの機関は、
他の機関が暴走しないよう、互いに抑制と均衡を働かせている。
又、機関の独立性を保つために、
不当な介入は避けるとされている。

しかし、実際は建前で日本の三権は、
すべて自民党の支配下にある。

1)行政は3部門に大別される
行政組織法=行政法は行政の組織・機構に関する、
行政作用法=行政の手続に関する、
行政救済法=違法な行政活動によって不利益を被った国民の
         救済に関する、

問題は行政組織法である、此処に行政権は、内閣に属している。
日本国憲法(以下憲法)第67条第1項に、
「内閣総理大臣は国会議員の中から国会の議決で、
これを指名する」とある。
国会では、多数決の原則が採用されており、
現在最大勢力自民党の
代表が内閣総理大臣になっている。
内閣総理大臣が、内閣を組織する権利を有するのなら、
内閣は内閣総理大臣、つまりは自民党の支配下にある。
憲法は政党を認めていなかったからである。
此処の国会議員を国民が選出し、国会議員は国民の代表として
国務に付く事を前提にしている。
第十五条2項すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、
一部の奉仕者ではない。
即ち代表とは、一切の支援母体を持たず、
国全体を考えて行政を行う事を前提としているからです。
其の為に地方自治があるのです。
 
2)立法。
立法は、国権の最高機関である。憲法第58条第1項に、
「衆・参両議院は、各院その議長その他の役員を選出する」
とある。
ただ、政党がある事で国会の過半数を自民党
(あるいはそれに賛同するもの)が占めると、
国会の多数を占める自民党が議長決定権を
有する事になる可笑しな話になる。
内閣総理大臣は自民党総裁が任命されてきた。
自民党総裁は、国会最多数党の権力者
又は権力者に推薦された者である。
これまで、議長選出権は自民党の総裁に決定権がある。
之では国会は国権の最高機関どころか、
内閣に従属する権力である。
之は議員一人々を国民が普段の働きから直接選挙が出来ない事と
政党政治が行われる弊害である。
自民党は憲法に政党を加えた
(政党)
第六十四条の二
国は、政党が議会制民主主義に不可欠の存在であることに鑑み、
その活動の公正の確保及びその健全な発展に
努めなければならない。
2 政党の政治活動の自由は、保障する。
3 前二項に定めるもののほか、
政党に関する事項は、法律で定める。
之によって腐敗政治が憲法によって保護される事になる。 

3)司法
憲法では、司法権の独立が記されている。
最高裁判所の長たる裁判官は内閣の指名に基づいて
天皇が任命(第6条第2項)し、
それ以外は内閣が任命(第79条第1項)すること、
下級裁判所の裁判官は、最高裁判所の名簿によって、
内閣が任命すること(第80条第1項)、
実質上裁判所は内閣に従属しているのである。
憲法を解釈すると、
日本に三権分立は存在しないことはよく分かる。
現在すべての権力は、自民党が有しているのだ。

国民が真剣に立ち上がらなければ、
此の自民党日本国憲法改正草案を成立させるであろう。
その後には自衛隊法改正案による国軍移行を行い、
今まで積み重ねて来た歴史改竄や靖国肯定、
北朝鮮から韓国・中国と近隣諸国との危機感をより大きく煽り、
自衛隊の国軍化や米軍との共同歩調を目指しているのである。
自民党の外交は国民を洗脳終結までの時間稼ぎの
見せ掛けに過ぎない。
本当に外交を重視するなら、腐った政治家が
他国の悪口を言葉にしたり、戦時の人間の倫理に反した
苦い経験を、否定し反感を煽る事はしない筈である。
私が最も嫌う行為である。

これ等を踏まえて考えると「国民保護法」が地方自治を混乱させ、
「日本版NSC国家安全保障会議」「特定秘密保護法案」
が公務員国民を黙らせ、公安を戦中の秘密警察化にし、
諸外国に警戒心をもたらす。
米軍と共同体性を取る事で、
テロの標的に成るのは覚悟すべきである。
軍と武器による安全と平和は得られ無い事は歴史が証明している。
犠牲者は常に弱い国民である。
国家が国民を犠牲にして民主主義国家とはいえない。
平和国家として海外諸国との協調外交に努力せずに
危機をあおり、一気に関連法案として出せば、
全国民が全部に目を通し理解する事は先ず不可能に違いない。
事実戦時中は国民の誰も理解していないで戦争に突入したのです。

自民党は日本国憲法改正草案を成立させる前提で、
下記の有事法制法案を制定させる積りである。

有事法制法案(旧軍を参考にしている)=
(武力攻撃事態等法)
(米軍行動円滑化法)
(特定公共施設等利用法)
(国民保護法までの経過)
(国民保護法改訂版)
と保々決めてある用である。

これ以外の「編集中につきしばらくお待ちください」
に表示される
(米軍の行動を円滑・効果的にする法則)
(自衛隊の行動を円滑・効果的にする法則)
(改正日米物品役務協定)
(外国軍用品等海上輸送規正法)
(イラク、復興・テロ・PKO法)
である。

この背景には日本では、2大政党が育たないと言われて来ました。
自民党にとって2大政党に成ると、
常に国民は両党の監視がしやすくなり、日本の戦後のように、
64年以上の一政党が独占し続ける事は出来なくなる。
政権が変われば政府の秘密が暴かれるからである。

日本は戦後トルーマン大統領の命を受けた
CIAの対日工作に因って、
戦犯達が命と引き換えに協力する事で、
政権のトップに定まり利害を共有してきたのである。
しかしアメリカサイドがCIAの機密文書を公開しても、
常に曖昧にして国民を騙し続けて来た、
我が身に及ぶ問題だからです。
自民党政権は国民から湧き上がる政治不信に危機感を感じていた、
CIAとメデアによって国民を英米のように2大政党を煽り、
自民党内の米軍と共同歩調を取る自衛隊と接近する極右が、
核・集団的自衛権・武器輸出三原則・歴史問題等発言する中で
自制と反対を表明していたリベラル派を一掃したかったのでは
無いだろうか。
其の為の下準備を長い期間を掛けて練って来た筈です。
上記に記載した各法案は1~3年で出来る物では有りません。
最も国民が嫌う悪法だからです。
安部氏が目指したのは二大政党ではなく
一党独裁長期安定政権です。
民主党の中にも、CIAの協力者としてでも、
過っての分裂した中での
共有の仲間が存在しています。
先にブログに乗せた様に、
メデアの殆どはCIA資金を出しています。
その時々によって国民を右左に揺らして収まる所に誘導し
洗脳するのはお手の物です。
CIAにとって米国の国益
(巨大多国籍企業+軍事産業の世界戦略)
の為に働き、巨額な予算と力を与えられているのですから。

国民が知る事が出来ない秘密を持つ事は
国民主権の国ではないのです。
秘密だらけの国は国際的な或いは国内においても、
後に大きな争いに発展してきたのです
太平洋戦争が其れでした。
常に国民の為ではなく日清戦争・日露戦争に勝利をしたが、
日本の財政は破綻寸前でした
其れでも一部の権力と利権が絡んだ欲望が、軍部の台頭を許し、
富国強兵(国家の経済を発展させて軍事力の増強)の名の下に
軍費と燃料や資源を求めて大陸へ進出したのが
総ての始まりなのです。

日本国憲法は国民の将兵と民間人の320万人もの死者と
数え切れない負傷者、最後まで本土決戦を唱え、
焦土と化した故郷
其の反省と二度と戦争を起こさない
巻き込まれない誓いを立てました。
其れが世界に誇れる武器に頼らない、外交の平和国憲法であり
冒頭に書かれる国家理念は其の国の顔・形であったのです。
其の国家理念を真っ先に消してありました。

自民党の日本国憲法改正草案は現在公開されているが
多くの国民には知らされていない。
自民党の日本国憲法改正草案には

日本国憲法の第二章 戦争の放棄
第九条  
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。

を破棄して

自民党の日本国憲法改正草案には
第二章 安全保障
(平和主義)
第九条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動としての戦争を放棄し、
武力による威嚇及び武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては用いない。
2 前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。

(国防軍)
第九条の二
我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、
内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。
2 国防軍は、前項の規定による任務を遂行する際は、
法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。
3 国防軍は、第一項に規定する任務を遂行するための活動のほか、
法律の定めるところにより、
国際社会の平和と安全を確保するために
国際的に協調して行われる活動及び公の秩序を維持し、
又は国民の生命若しくは自由を守るための
活動を行うことができる。
4 前二項に定めるもののほか、国防軍の組織、
統制及び機密の保持に関する事項は、法律で定める。
5 国防軍に属する
軍人その他の公務員が
その職務の実施に伴う罪又は
国防軍の機密に関する罪を犯した場合の
裁判を行うため、法律の定めるところにより、
国防軍に審判所を置く。
この場合においては、被告人が裁判所へ上訴する権利は、
保障されなければならない。

(領土等の保全等)
第九条の三
国は、主権と独立を守るため、国民と協力して、
領土、領海及び領空を保全し、
その資源を確保しなければならない。

この様に


【第5章内閣】
(内閣の構成及び国会に対する責任)
第六十六条2項
内閣総理大臣及び全ての国務大臣は、
現役の軍人であってはならない。

*元軍人で有れば良いと記載されている。

*自民党の日本国憲法改正草案は内閣総理大臣及び
全ての国務大臣は、現役の軍人であってはならないに変えた。
此の事によって、文民の政治家が軍隊を統制するという
政軍関係における基本方針である。
政治が軍事に優先することを意味する。
文民統制は破棄されたのである。
しかも (内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する)と
するならば軍事国家に成りうるのである。

日本国憲法第十章 最高法規
第九十七条  この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、
人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、
これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、
現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として
信託されたものである。
第九十八条  この憲法は、国の最高法規であつて、
その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関する
その他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
○2  日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、
これを誠実に遵守することを必要とする。

を破棄し

自民党の日本国憲法改正草案は
(緊急事態の宣言)
第九十八条 内閣総理大臣は、
我が国に対する外部からの武力攻撃、
内乱等による社会秩序の混乱、
地震等による大規模な自然災害
その他の法律で定める緊急事態において、
特に必要があると認めるときは、法律の定めるところにより、
閣議にかけて、緊急事態の宣言を発することができる。
2 緊急事態の宣言は、法律の定めるところにより、
事前又は事後に国会の承認を得なければならない。
3 内閣総理大臣は、前項の場合において不承認の議決があったとき、
国会が緊急事態の宣言を解除すべき旨を議決したとき、
又は事態の推移により当該宣言を継続する必要がないと認めるときは、
法律の定めるところにより、閣議にかけて、
当該宣言を速やかに解除しなければならない。
また、百日を超えて緊急事態の宣言を継続しようとするときは、
百日を超えるごとに、事前に国会の承認を得なければならない。
4 第二項及び前項後段の国会の承認については、
第六十条第二項の規定を準用する。
この場合において、同項中「三十日以内」とあるのは、
「五日以内」と読み替えるものとする。

に書き換えた

自民党の日本国憲法改正草案は現在公開されているが
多くの国民には知らされていない。


其の前提として自衛隊の自衛隊法改正法案がある。
第一章総則
第二章指揮監督
第三章部隊
第四章機関
第五章隊員
以後は国民生活が制限される関連の深い条文。
第六章自衛隊の行動
第七章自衛隊の権限
第八章自衛隊法雑則
第九章自衛隊法罰則


有事法制の根幹図

有事法制の根幹図には、三つの流れが記入されている。


有事法制(公開されている法令だが多くの国民は知らされていない)
     ↓
武力攻撃事態等法→

改正国家安全保障会議(法案通る)

国際条約関連
     ↓
国際人道法実地の法制
     ↓
【国際人道法】
捕虜取扱法
国際人道法違反行為処罰法
ジュネーブ条約追加議定書Ⅰ
ジュネーブ条約追加議定書Ⅱ


有事法制(公開されている法令だが多くの国民は知らされていない)
     ↓
武力攻撃事態等法
     ↓
戦闘関連
     ↓
米軍の行動を円滑・効果的にする法制
自衛隊の行動を円滑・効果的にする法制
     ↓
改正自衛隊法(改正部分)
自衛隊の権限
自衛隊の行動
自衛隊法雑則
自衛隊法罰則
米軍行動円滑化法
特定公共施設等利用法
改正日米物品役務協定
外国軍用品等海上輸送規正法


有事法制
     ↓
←武力攻撃事態等法

国民避難関連
     ↓
国民保護法制
     ↓
国民保護法までの経過
国民保護法(改訂版)(法案通る)

その他
イラク復興支援特別処置法→失効している。
テロ対策特借法
周辺事態法=周辺事態に際して我が国の平和及び安全を
確保するための措置に関する法律
PKO法案


其の外に
国家総動員法
工場事業場管理令
国民職業能力申告令
有事法制(編集中の法令)
武力攻撃事態等法
国民徴用令
集団的自衛権
武器輸出三原則→事実上劣化ウラン弾を米軍に製造輸出していた
等がある

以上であるが、之を見ると完全に戦中の軍事国家である。
国民が願った平和国家の形も無い。
安部政権を見ていると北朝鮮と変らない三代の世襲が強権を
振るっているか、サタンに心を売った独裁者に見えるのは
私だけだろうか?
国民職業能力申告令(昭和14年勅令第5号)(口語訳)

第一条 国家総動員法第二十一条の規定に基づく国民の職業能力申告
  及びその職業能力の検査は、別に定めること以外は、
  この勅令に定めるとおりとする。

第二条 十六歳以上五十歳未満の男子国民で、
  次に該当する者を申告すべき者(以下要申告者)とする。
一)現住地で引き続き三カ月以上、
厚生大臣の指定する職業に従事している者
二)前号の職業を引き続き一年以上従事した者で、
退職後五年未満の者
三)厚生大臣の指定する大学、専門学校、実業学校、
  その他これに準ずる各種学校で厚生大臣の指定する
学科を履修し卒業した者
四)厚生大臣の指定する技能者養成施設において所定の
課程を修了した者
五)厚生大臣の指定する検定または試験に合格した者や厚
生大臣の指定する免許を受けた者
六)その他厚生大臣の指定する者

第三条 要申告者及び前条第一号の職業に従事する者を
  使用している者(以下使用者)は、
職業能力事項の申告義務者(以下申告義務者)とする。
  ただし、要申告者を臨時に使用している時は
その限りではない。

第四条 国民が要申告者になった時、
  または、第十一条に該当する要申告者でま
だ申告していない者が同条の規定に該当しなくなった時、
申告義務者は、十四日以内に次の事項について、
要申告者が就業中ならその就業地の職業紹介所へ、
それ以外の者はその居住地の職業紹介所へ
申告するものとする。
  申告した後、要申告者が他の地域に居住を移した時も
  同様に申告するものとする。
一)氏名
二)生年月日
三)本籍
四)居住地
五)兵役関係
六)学歴
七)就業者はその職業名
八)就業場所(二以上の就業場所を有する者は主な就業場所)
九)第二条第一項の職業に従事または従事したことのある者は、その職歴と技能程度
十) 第二条第四号に該当する者はその修了した課程に関する事項
十一)第二条第五号に該当する者はその受けた試験、検定または免許に関する事項
十二)給料または賃金を受けている者はその額
十三)その他命令で定められた事項

2)申告義務者は、前項の申告をした後、同項第一号、第三号、
  第十一号の事項に異動があった時は、
  十四日以内にその旨申告すべきである。

第五条 厚生大臣は特に必要と認めた時は、
  前条の規定によって行われた申告の他に、
  全部または一部の要申告者に対して、
  前条の第一項各号にあげた事項の全部または
  一部について申告を命じることができる。

第六条すでに申告した要申告者が次の各号の一に
  該当することになった時、申告義務者は
  十四日以内にその旨申告しなけれはならない。
2)前項第二号の規定によって申告をした後、
  要申告者が第十一条の規定に該当した時は、
  申告義務者は十四日以内に第四条の職業紹介所長に
  その旨申告しなければならない。

第七条(省略)

第八条 地方長官(知事)や職業紹介所長は、
  要申告者の技能、その他の職業能力についての 
  検査をすることができる。

第九条 地方長官(知事)や職業紹介所長は、
  本申告または検査に対して国家総動員法第三十一条の
  規定に基づいて報告を求めることができる。
2) 地方長官(知事)や職業紹介所長は、
  本申告または検査に対して必要と認めた時は、
  国家総動員法第三十一条の規定に基づいて、
  担当職員をつかって工場、事業場、その他の場所に出向き、
  業務の状況または帳簿、書類、その他の物件を
  検査させることができる。
  この場合、担当職員に身分証明書を
  携帯させなければならない。

第十条 厚生大臣が必要と認めた時、他の大臣に委託し、
  その所管の官庁に対して前二条の規定に準じる検査を
  行わせることができる。

第十一条 本勅令は、第六条第二号の規定に関しての
  申告以外については、陸海軍軍人の現役の者
  但し、帰休している士官兵は除く)、
  戦争時や事変または兵役法第五十五条第二項の
  規定によって召集されている者、軍籍に編入された
  陸海軍学生生徒、陸海軍軍属、国家総動員法第四条によって
  徴用されている者、医療関係者、職業能力申告令によって
  申告をしなければならない者、獣医師法によって
  農林大臣の免許を受けている獣医師、船員法の
  船員などは適用されない。

※参照「兵役法第五十五条2」
「服役第一年次の予備兵は警備その他の必要によって召集する。
帰休兵を召集すること尚兵員を要する場合に召集することとする」

第十二条 要申告者が、次の各号の一に該当する時、
  申告期限を延長することができる。
一)陸海軍軍人で召集中の者
  (ただし、前条の規定にある召集中の者を除く)
二)外国旅行中の者
三)その他の命令で定める者

第十三条 就業地について、二以上の就業地を
  もっている者については、主たる就業の場所の所在地、
  また、就業場所の一定していない者や
  船舶内において就業する者については
  居住地をもって就業地とみなす。

第十四条 要申告者で、厚生大臣の指定する官庁に使用されたり、
  使用されたことがある者については、
  職業能力申告や検査に関して
  命令で特別の定めをすることができる。

第十五条 第二条第六号による厚生大臣の指定する者に関しての
  申告に関しては、命令で特別の定めをすることができる。
2)厚生大臣は、市町村長またはこれに準ずる者に対して、
  命令によって必要な事務をさせることができる。

第十六条 要申告者(第二条第六号に該当する者を除く)について、
  国民労務手帳法施行令第一条、
  同令付則第二項、昭和十六年勅令第七百五号付則第二項の
  規定によって申請があった時は、
  第四条第一項の規定による申告がなされたものとみなす。
2)要申告者(第二条第六号に該当する者を除く)について、
  国民労務手帳法施行令第十四条、第十六条、第二十条
  または第二十一条第一項の規定によって報告のあった時は、
  第四条第二項または第六条の規定による
  申告がなされたものとみなす。

第十七条 本勅令中、厚生大臣とあるのは、朝鮮では朝鮮総督、
  台湾では台湾総督、樺太では樺太庁長官、
  南洋群島では南洋庁長官とする。
  また、地方長官とあるのは、朝鮮では道知事、
  台湾では州知事または庁長、樺太では樺太庁長官、
  南洋群島では南洋庁長官とする。
  また職業紹介所長とあるのは、朝鮮では府尹、
  郡守または島司、台湾では市尹、郡守、
  樺太では樺太市庁長、南洋群島では南洋長支庁長とする。

第十八条 本勅令に規定するものの他、申告に関して
  必要な事項は命令で定める。

付則(省略)

[制作者註]
※この勅令は
昭和14年1月7日に公布されました。
以後、昭和15年勅令第673号、
昭和16年勅令第709号、同勅令第921号、
昭和17年勅令第38号、同勅令第731号、同勅令第781号、
昭和18年勅令第488号、
昭和19年勅令第88号、同勅令第323号、
昭和20年勅令第711号、
昭和21年勅令第11号と改正が行われました。
※上記の口語訳は、昭和16年勅令第709号によるものです。

 工場事業場管理令(昭和12年勅令第528号)(口語訳) 

第一条
軍需工業動員法第二条の規定によって
工場及び事業場ならびにその付属設備(以下工場事業場)の
管理については本勅令の定めによる。

第二条
主務大臣は、工場事業場を管理しようとする時は
内閣総理大臣と協議しなければならない。

第三条
管理は、主務大臣の発する管理令書を送付した時から開始する。
   但し、管理令書で特別の定めをしている場合はこの限りではない。
2 ) 管理令書の送付は管理すべき工場事業場の事業主に対して行う。
   但し、やむを得ない場合は、工場事業場長その他これに準じる者に対して  
   送付することができる。

第四条
管理令書には次の事項を記載しなければならない。
一) 工場事業場の名称及び所在地
二) 管理の範囲
三) 第十三条の規定によって主務大臣の職権の一部を行う
   官庁の長がいる場合は、その長及びその職権の範囲
四) 監理官の官職氏名
五) その他必要事項

第五条
第二条及び第三条の規定は、管理の範囲を変更したり、
   管理を廃止したりする場合に準用する。
2)  第三条第二項の規定は、前条第三号及び第五号の事項に
   変更があった場合に準用する。

第六条
主務大臣は、その管理に関わる工場事業場における軍需品
   または軍需品の生産や修理に要する原料や燃料、
   電力及び動力の生産や修理または発生に関して
   当該工場事業場の事業主を指揮監督する。

第七条
主務大臣は、その管理に関わる工場事業場に監理官を置き、
   工場事業場の業務を監督させる。

第八条
管理に関わる工場事業場の事業主が
   当該工場事業場を廃止または休止する時は、
   主務大臣の許可を受けなければならない。

第九条
管理に関わる工場事業場の事業主は、
   本勅令による命令の適用にあたって事業主に代わる事業管理人を
   選任することができる。
2)  主務大臣は必要と認めた時は、事業主に対して
   事業管理人の選任を命ずることができる。
3)  事業主が、次の各号の一に該当する場合には
   事業管理人を選任しなければならない。
一)  法人である時
二)  営業に関して成年者と同一の能力のない未成年者
   または禁治産者である時
三)  本勅令の施行地に居住していない時
4)  事業管理人の選任及び解任は、
   主務大臣の認可を受けなければその効力は生じない。
5)  第二項及び第三項の場合において、
   事業主が事業管理人を選任しなかったり、選任できなかった時は、
   主務大臣は工場事業場の経営について権限を有する者の中から
   事業管理人を選任することができる。

第十条 事業管理人が本勅令または、本勅令による命令に違反した時は、
   主務大臣はこれを解任することができる。

第十一条 工場事業場の管理によって生じた損害の補償を請求しようとする者は、
   管理廃止後命令の定める所によって請求すること。
   但し、主務大臣の定める所によっては毎事業年度の終わった後
   または損害が生じる度にこれを請求することができる。

第十二条 管理に関わる工場事業場の経営を受け継ぐ者は、
   本勅令または本勅令による命令に基づいて
   前者の権利と義務を受け継ぐこととする。

第十三条 主務大臣は、本勅令によって
   管理に関わる工場事業場に対する職権の一部を
   所管の官庁の長をして行わせることができる。
2)  前項の場合において、当該官庁の長は、
   主務大臣の定めるところによって、前項の規定によって職権を
   所属官庁の長に行わせることができる。

第十四条 本勅令中、主務大臣とあるのは、軍事機密の保護上、
   その他の軍事上特に必要ある工場事業場については
   陸軍大臣または海軍大臣とする。
2 前項の場合以外は、本勅令中主務大臣とあるのは、
   朝鮮、台湾、関東州及び南満州鉄道付属地または樺太では、
   それぞれ、朝鮮総督、台湾総督、満州国駐箚特命全権大使
   または樺太庁長官とする。

付則(省略)

[制作者註]
※この勅令は、「軍需工業動員法」に代わり
「工場事業場管理令」勅令第528号として、
昭和12年9月25日公布されました。
以後、昭和12年勅令第685号と改正されました。
※上記の口語訳は、昭和12年勅令第528号によるものです。
※なお、昭和13年「工場事業場管理令」勅令第318号により、
廃止されました。



特定秘密保護法案(全文)

安倍内閣が25日午前に閣議決定した
特定秘密保護法案の全文は、次の通り。


秘密保護法と日本版NSC

特定秘密の保護に関する法律

目次
第一章 総則(第一条・第二条)
第二章 特定秘密の指定等(第三条―第五条)
第三章 特定秘密の提供(第六条―第十条)
第四章 特定秘密の取扱者の制限(第十一条)
第五章 適性評価(第十二条―第十七条)
第六章 雑則(第十八条―第二十一条)
第七章 罰則(第二十二条―第二十六条)
附則


第一章 総則

(目的)
第一条 
この法律は、国際情勢の複雑化に伴い我が国
及び国民の安全の確保に係る
情報の重要性が増大するとともに、
高度情報通信ネットワーク社会の発展に伴い
その漏えいの危険性が懸念される中で、
我が国の安全保障に関する情報のうち
特に秘匿することが必要であるものについて、
これを適確に保護する体制を確立した上で
収集し、整理し、及び活用することが
重要であることに鑑み、当該情報の保護に関し、
特定秘密の指定及び取扱者の制限
その他の必要な事項を定めることにより、
その漏えいの防止を図り、
もって我が国及び国民の安全の確保に
資することを目的とする。


(定義)
第二条 この法律において「行政機関」とは、次に掲げる機関をいう。

一) 法律の規定に基づき内閣に置かれる機関(内閣府を除く。)
及び内閣の所轄の下に置かれる機関

二) 内閣府、宮内庁並びに
内閣府設置法(平成十一年法律第八十九号)
第四十九条第一項及び
第二項に規定する機関
(これらの機関のうち、国家公安委員会にあっては
警察庁を、第四号の政令で定める機関が置かれる
機関にあっては当該政令で定める機関を除く。)

三) 国家行政組織法
(昭和二十三年法律第百二十号)
第三条第二項に規定する機関
(第五号の政令で定める機関が置かれる
機関にあっては、当該政令で定める機関を除く。)

四) 内閣府設置法
第三十九条及び第五十五条並びに
宮内庁法
(昭和二十二年法律第七十号)
第十六条第二項の機関並びに
内閣府設置法第四十条及び第五十六条
(宮内庁法第十八条第一項において
準用する場合を含む。)
の特別の機関で、警察庁その他政令で定めるもの

五) 国家行政組織法第八条の二の施設等機関及び
同法第八条の三の特別の機関で、
政令で定めるもの

六) 会計検査院

第二章 特定秘密の指定等(特定秘密の指定)

第三条 行政機関の長
[当該行政機関が合議制の機関である場合にあっては
当該行政機関をいい、
前条第四号及び第五号の政令で定める機関
(合議制の機関を除く。)
にあってはその機関ごとに政令で定める者をいう。
第十一条第一号を除き、以下同じ。]は、
当該行政機関の所掌事務に
係る別表に掲げる事項に関する情報であって、
公になっていないもののうち、
その漏えいが我が国の安全保障に著しい
支障を与えるおそれがあるため、
特に秘匿することが必要であるもの
[日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法
(昭和二十九年法律第百六十六号)
第一条第三項に規定する特別防衛秘密に
該当するものを除く。]
を特定秘密として指定するものとする。
行政機関の長は、前項の規定による指定
(附則第四条を除き、以下単に「指定」という。)
をしたときは、政令で定めるところにより
指定に関する記録を作成するとともに、
当該指定に係る特定秘密の範囲を明らかにするため、
特定秘密である情報について、
次の各号のいずれかに掲げる措置を講ずるものとする。

一) 政令で定めるところにより、
特定秘密である情報を記録する文書、
図画、電磁的記録
(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては
認識することができない方式で作られる記録をいう。
以下この号において同じ。)
若しくは物件又は当該情報を化体する物件に
特定秘密の表示(電磁的記録にあっては、
当該表示の記録を含む。)
をすること。

二) 特定秘密である情報の性質上前号に
掲げる措置によることが困難である場合において、
政令で定めるところにより、
当該情報が前項の規定の適用を受ける旨を
当該情報を取り扱う者に通知すること。

三) 行政機関の長は、
特定秘密である情報について前項第二号に掲げる
措置を講じた場合において、
当該情報について同項第一号に掲げる措置を
講ずることができることとなったときは、
直ちに当該措置を講ずるものとする。
(指定の有効期間及び解除)

第四条 
1)行政機関の長は、
指定をするときは、当該指定の日から起算して五年を超えない
範囲内においてその有効期間を定めるものとする。

2)行政機関の長は、
指定の有効期間
(この項の規定により延長した有効期間を含む。)
が満了する時において、
当該指定をした情報が前条第一項に規定する要件を
満たすときは、政令で定めるところにより、
五年を超えない範囲内において
その有効期間を延長するものとする。

3)行政機関の長は、
(会計検査院を除く。)
前項の規定により指定の有効期間を
延長しようとする場合において、
当該延長後の指定の有効期間が通じて
三十年を超えることとなるときは、
政府の有するその諸活動を
国民に説明する責務を全うする観点に立っても、
なお当該指定に係る情報を公にしないことが
現に我が国及び国民の安全を確保するために
やむを得ないものであることについて、
その理由を示して、
内閣の承認を得なければならない。
この場合において、当該行政機関の長は、
当該指定に係る特定秘密の保護に関し
必要なものとして政令で定める措置を講じた上で、
内閣に当該特定秘密を提供することができる。

4)行政機関の長は、
指定をした情報が
前条第一項に規定する要件を欠くに至ったときは、
有効期間内であっても、政令で定めるところにより、
速やかにその指定を解除するものとする。
(特定秘密の保護措置)

第五条 行政機関の長は、指定をしたときは、

1)第三条第二項に規定する措置のほか、
第十一条の規定により特定秘密の取扱いの業務を
行うことができることとされる者のうちから、
当該行政機関において当該指定に係る
特定秘密の取扱いの業務を行わせる職員の範囲を
定めることその他の当該特定秘密の保護に関し
必要なものとして政令で定める措置を講ずるものとする。

2)警察庁長官は、
指定をした場合において、
当該指定に係る特定秘密
(第七条第一項の規定により提供するものを除く。)
で都道府県警察が保有するものがあるときは、
当該都道府県警察に対し当該指定をした旨を
通知するものとする。

3)警察庁長官は
前項の場合において、
都道府県警察が保有する
特定秘密の取扱いの業務を行わせる職員の範囲
その他の当該都道府県警察による
当該特定秘密の保護に関し必要なものとして
政令で定める事項について、
当該都道府県警察に指示するものとする。
この場合において、
当該都道府県警察の警視総監又は
道府県警察本部長(以下「警察本部長」という。)は、
当該指示に従い、当該特定秘密の適切な保護の為に
必要な措置を講じ、
及びその職員に当該特定秘密の取扱いの業務を
行わせるものとする。

4)行政機関の長は、
指定をした場合において、
その所掌事務のうち別表に掲げる事項に係るものを
遂行するために特段の必要があると認めたときは、
物件の製造又は役務の提供を業とする者で、
特定秘密の保護のために必要な施設設備を
設置していることその他政令で定める基準に
適合するもの(以下「適合事業者」という。)との
契約に基づき、当該適合事業者に対し、
当該指定をした旨を通知した上で、
当該指定に係る特定秘密
(第八条第一項の規定により提供するものを除く。)
を保有させることができる。

5)前項の契約には、
第十一条の規定により特定秘密の取扱いの業務を
行うことができることとされる者のうちから、
同項の規定により特定秘密を保有する適合事業者が
指名して当該特定秘密の取扱いの
業務を行わせる代表者、代理人、使用人その他の
従業者(以下単に「従業者」という。)の
範囲その他の当該適合事業者による当該特定秘密の
保護に関し必要なものとして
政令で定める事項について定めるものとする。

6)第四項の規定により特定秘密を保有する適合事業者は、
同項の契約に従い、
当該特定秘密の適切な保護のために必要な措置を講じ
及びその従業者に当該特定秘密の取扱いの業務を
行わせるものとする。

第三章 特定秘密の提供
1)(我が国の安全保障上の必要による特定秘密の提供)

第六条 特定秘密を保有する行政機関の長は、
他の行政機関が我が国の安全保障に関する事務のうち
別表に掲げる事項に係るものを遂行するために
当該特定秘密を利用する必要があると認めたときは、
当該他の行政機関に当該特定秘密を
提供することができる。
ただし、当該特定秘密を保有する行政機関以外の
行政機関の長が当該特定秘密について
指定をしているとき
(当該特定秘密が、この項の規定により当該保有する
行政機関の長から提供されたものである場合を除く。)
は、当該指定をしている行政機関の長の同意を
得なければならない。

2) 前項の規定により他の行政機関に特定秘密を提供する行政機関の長は、
当該特定秘密の取扱いの業務を行わせる職員の
範囲その他の当該他の行政機関による
当該特定秘密の保護に関し必要なものとして政令で
定める事項について、あらかじめ、
当該他の行政機関の長と協議するものとする。

3)第一項の規定により特定秘密の提供を受ける他の行政機関の長は、
前項の規定による協議に従い、
当該特定秘密の適切な保護のために
必要な措置を講じ、
及びその職員に当該特定秘密の取扱いの業務を
行わせるものとする。

第七条 
1)警察庁長官は、
警察庁が保有する特定秘密について、
その所掌事務のうち別表に掲げる事項に係るものを
遂行するために都道府県警察にこれを利用させる
必要があると認めたときは、当該都道府県警察に
当該特定秘密を提供することができる。

2)前項の規定により都道府県警察に特定秘密を
提供する場合については、
第五条第三項の規定を準用する。

3)警察庁長官は、警
察本部長に対し、当該都道府県警察が保有する特定秘密で
第五条第二項の規定による通知に係るものの提供を
求めることができる。

第八条 
1)特定秘密を保有する行政機関の長は、
その所掌事務のうち別表に掲げる事項に係るものを
遂行するために、適合事業者に当該特定秘密を
利用させる特段の必要があると認めたときは、
当該適合事業者との契約に基づき、
当該適合事業者に当該特定秘密を
提供することができる。
ただし、当該特定秘密を保有する行政機関以外の
行政機関の長が当該特定秘密について指定を
しているとき
(当該特定秘密が、第六条第一項の規定により
当該保有する行政機関の長から提供されたもので
ある場合を除く。)
は、当該指定をしている行政機関の長の同意を
得なければならない。

2)前項の契約については第五条第五項の規定を、
前項の規定により特定秘密の提供を受ける
適合事業者については同条第六項の規定を、
それぞれ準用する。
この場合において、同条第五項中「前項」とあるのは
「第八条第一項」と、
「を保有する」とあるのは「の提供を受ける」と
読み替えるものとする。

3)第五条第四項の規定により適合事業者に特定秘密を保有させている行政機関の長は、
同項の契約に基づき、当該適合事業者に対し、
当該特定秘密の提供を求めることができる。

第九条 特定秘密を保有する行政機関の長は、
その所掌事務のうち別表に掲げる事項に係るものを
遂行するために必要があると認めたときは、
外国
(本邦の域外にある国又は地域をいう。以下同じ。)
の政府又は国際機関であって、
この法律の規定により行政機関が当該特定秘密を
保護するために講ずることとされる措置に
相当する措置を講じているものに
当該特定秘密を提供することができる。
ただし、当該特定秘密を保有する行政機関以外の
行政機関の長が当該特定秘密について
指定をしているとき
(当該特定秘密が、第六条第一項の規定により
当該保有する行政機関の長から提供されたものである
場合を除く。)
は、当該指定をしている行政機関の長の同意を
得なければならない。
(その他公益上の必要による特定秘密の提供)

第十条 第四条第三項後段及び第六条から前条までに
規定するもののほか、行政機関の長は、
次に掲げる場合に限り、特定秘密を提供することが
できる。

一)特定秘密の提供を受ける者が次に掲げる業務
又は公益上特に必要があると認められるこれらに
準ずる業務において当該特定秘密を利用する場合
(次号から第四号までに掲げる場合を除く。)
であって、当該特定秘密を利用し、
又は知る者の範囲を制限すること、
当該業務以外に当該特定秘密が利用されないように
すること
その他の当該特定秘密を利用し、
又は知る者がこれを保護するために必要なものとして
政令で定める措置を講じ、かつ、
我が国の安全保障に著しい支障を及ぼす
おそれがないと認めたとき。

イ)各議院又は各議院の委員会若しくは参議院の調査会が
国会法(昭和二十二年法律第七十九号)
第百四条第一項(同法第五十四条の四第一項に
おいて準用する場合を含む。)
又は議院における証人の宣誓及び証言等に関する
法律(昭和二十二年法律第二百二十五号)
第一条の規定により行う審査又は調査であって、
国会法第五十二条第二項(同法第五十四条の四
第一項において準用する場合を含む。)
又は第六十二条の規定により公開しないこととさ
れたもの

ロ)刑事事件の捜査又は公訴の維持であって、
刑事訴訟法(昭和二十三年法律第百三十一号)
第三百十六条の二十七第一項
(同条第三項及び同法第三百十六条の二十八
第二項において準用する場合を含む。)
の規定により裁判所に提示する場合のほか、
当該捜査又は公訴の維持に必要な業務に従事する者
以外の者に当該特定秘密を提供することが
ないと認められるもの

二)民事訴訟法(平成八年法律第百九号)
第二百二十三条第六項の規定により
裁判所に提示する場合

三)情報公開・個人情報保護審査会設置法
(平成十五年法律第六十号)
第九条第一項の規定により
情報公開・個人情報保護審査会に提示する場合

四) 
1)会計検査院法(
昭和二十二年法律第七十三号)
第十九条の四において読み替えて
準用する情報公開・個人情報保護審査会設置法
第九条第一項の規定により
会計検査院情報公開・個人情報保護審査会に
提示する場合

2)警察本部長は、
第七条第三項の規定による
求めに応じて警察庁に提供する場合のほか、
前項第一号に掲げる場合
(当該警察本部長が提供しようとする特定秘密が
同号ロに掲げる業務において利用するものとして
提供を受けたものである場合以外の場合にあっては、
同号に規定する我が国の安全保障に
著しい支障を及ぼすおそれがないと認めることについて
警察庁長官の同意を得た場合に限る。)、
同項第二号に掲げる場合又は都道府県の保有する
情報の公開を請求する住民等の権利について
定める当該都道府県の条例
(当該条例の規定による諮問に応じて審議を行う
都道府県の機関の設置について定める
都道府県の条例を含む。)
の規定で情報公開・個人情報保護審査会設置法
第九条第一項の規定に相当するものにより
当該機関に提示する場合に限り、
特定秘密を提供することができる。

3)適合事業者は、

第八条第三項の規定による
求めに応じて行政機関に提供する場合のほか、
第一項第一号に掲げる場合
(同号に規定する我が国の安全保障に著しい支障を
及ぼすおそれがないと認めることについて、
当該適合事業者が提供しようとする特定秘密について
指定をした行政機関の長の同意を得た場合に限る。)
又は同項第二号若しくは第三号に掲げる場合に限り、
特定秘密を提供することができる。

第四章 特定秘密の取扱者の制限

第十一条 特定秘密の取扱いの業務は、
当該業務を行わせる行政機関の長若しくは
当該業務を行わせる適合事業者に当該特定秘密を
保有させ、若しくは提供する行政機関の長又は
当該業務を行わせる警察本部長が直近に実施した
次条第一項又は第十五条第一項の適性評価
(第十三条第一項(第十五条第二項において
準用する場合を含む。)の規定による通知が
あった日から五年を経過していないものに限る。)
において特定秘密の取扱いの業務を行った場合に
これを漏らすおそれがないと認められた者
(次条第一項第三号又は第十五条第一項第三号に
掲げる者として次条第三項又は第十五条第二項に
おいて読み替えて準用する次条第三項の
規定による告知があった者を除く。)
でなければ、行ってはならない。
ただし、次に掲げる者については、
次条第一項又は第十五条第一項の適性評価を
受けることを要しない。

一)行政機関の長

二)国務大臣(前号に掲げる者を除く。)

三)内閣官房副長官

四)内閣総理大臣補佐官

五)副大臣

六)大臣政務官

七)前各号に掲げるもののほか、職務の特性
その他の事情を勘案し、
次条第一項又は第十五条第一項の適性評価を
受けることなく特定秘密の取扱いの業務を
行うことができるものとして政令で定める者

第五章 適性評価
(行政機関の長による適性評価の実施)

1)第十二条 行政機関の長は、
政令で定めるところにより、次に掲げる者について、
その者が特定秘密の取扱いの業務を行った場合に
これを漏らすおそれがないことについての評価
(以下「適性評価」という。)
を実施するものとする。

一)当該行政機関の職員
(当該行政機関が警察庁である場合にあっては、
警察本部長を含む。次号において同じ。)
又は当該行政機関との第五条第四項若しくは
第八条第一項の契約
(次号において単に「契約」という。)
に基づき特定秘密を保有し、
若しくは特定秘密の提供を受ける適合事業者の
従業者として特定秘密の取扱いの業務を新たに
行うことが見込まれることとなった者
(当該行政機関の長がその者について
直近に実施して次条第一項の規定による通知をした日から
五年を経過していない適性評価において、
特定秘密の取扱いの業務を行った場合に
これを漏らすおそれがないと認められた者であって、
引き続き当該おそれがないと認められるものを除く。)

二)当該行政機関の職員又は当該行政機関との契約に
基づき特定秘密を保有し、若しくは特定秘密の提供を受ける
適合事業者の従業者として、特定秘密の取扱いの業務を現に行い、
かつ、当該行政機関の長がその者について直近に
実施した適性評価に係る次条第一項の規定による
通知があった日から五年を経過した日以後特定秘密の
取扱いの業務を引き続き行うことが見込まれる者

三)当該行政機関の長が直近に実施した
適性評価において特定秘密の取扱いの業務を
行った場合にこれを漏らすおそれがないと
認められた者であって、
引き続き当該おそれがないと認めることについて
疑いを生じさせる事情があるもの

2)適性評価は、適性評価の対象となる者
(以下「評価対象者」という。)について、
次に掲げる事項についての調査を行い、
その結果に基づき実施するものとする。

一)特定有害活動
(公になっていない情報のうちその漏えいが
我が国の安全保障に支障を与えるおそれがあるものを
取得するための活動、核兵器、軍用の化学製剤若しくは細菌製剤若しくは
これらの散布のための装置若しくはこれらを
運搬することができるロケット若しくは無人航空機
又はこれらの開発、製造、使用若しくは貯蔵のために
用いられるおそれが特に大きいと認められる物を
輸出し、又は輸入するための活動その他の活動であって
外国の利益を図る目的で行われ、
かつ、我が国及び国民の安全を著しく害し、
又は害するおそれのあるものをいう。
別表第三号において同じ。)
及びテロリズム
(政治上その他の主義主張に基づき、
国家若しくは他人にこれを強要し、
又は社会に不安若しくは恐怖を与える目的で
人を殺傷し、又は重要な施設その他の物を
破壊するための活動をいう。
同表第四号において同じ。)
との関係に関する事項
(評価対象者の家族(配偶者(婚姻の届出を
していないが、
事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。
以下この号において同じ。)、
父母、子及び兄弟姉妹並びにこれらの者以外の
配偶者の父母及び子をいう。
以下この号において同じ。)
及び同居人(家族を除く。)の氏名、生年月日、
国籍(過去に有していた国籍を含む。)
及び住所を含む。)

二 犯罪及び懲戒の経歴に関する事項
三 情報の取扱いに係る非違の経歴に関する事項
四 薬物の濫用及び影響に関する事項
五 精神疾患に関する事項
六 飲酒についての節度に関する事項
七 信用状態その他の経済的な状況に関する事項
3 適性評価は、あらかじめ、政令で定めるところにより、
次に掲げる事項を評価対象者に対し告知した上で、
その同意を得て実施するものとする。

一)前項各号に掲げる事項について調査を行う旨

二)前項の調査を行うため必要な範囲内において、
次項の規定により質問させ、
若しくは資料の提出を求めさせ、
又は照会して報告を求めることがある旨

三)評価対象者が第一項第三号に掲げる者であるときは、
その旨

4)行政機関の長は、第二項の調査を行うため
必要な範囲内において、当該行政機関の職員に
評価対象者若しくは評価対象者の知人その他の
関係者に質問させ、若しくは評価対象者に対し資
料の提出を求めさせ、又は公務所若しくは
公私の団体に照会して必要な事項の
報告を求めることができる。

(適性評価の結果等の通知)
第十三条 行政機関の長は、
適性評価を実施したときは、その結果を評価対象者に対し
通知するものとする。

2)行政機関の長は、
適合事業者の従業者について適性評価を
実施したときはその結果を、
当該従業者が前条第三項の同意を
しなかったことにより適性評価が
実施されなかったときはその旨を、
それぞれ当該適合事業者に対し通知するものとする。

3)前項の規定による通知を受けた適合事業者は、
当該評価対象者が当該適合事業者の
指揮命令の下に労働する派遣労働者
(労働者派遣事業の適正な運営の確保及び
派遣労働者の保護等に関する法律
(昭和六十年法律第八十八号)第二条第二号に
規定する派遣労働者をいう。
第十六条第二項において同じ。)であるときは、
当該通知の内容を当該評価対象者を雇用する
事業主に対し通知するものとする。

4)行政機関の長は、
第一項の規定により評価対象者に対し特定秘密の取扱いの業務を
行った場合にこれを漏らすおそれがないと認められなかった旨を通知するときは、
適性評価の円滑な実施の確保を妨げない
範囲内において、当該おそれがないと
認められなかった理由を通知するものとする。
ただし、当該評価対象者があらかじめ当該理由の
通知を希望しない旨を申し出た場合は、
この限りでない。
(行政機関の長に対する苦情の申出等)

第十四条 

1)評価対象者は、前条第一項の規定により通知された
適性評価の結果その他当該評価対象者について
実施された適性評価について、書面で、
行政機関の長に対し、苦情の申出をすることができる。

2)行政機関の長は、
前項の苦情の申出を受けたときは、これを誠実に処理し、
処理の結果を苦情の申出をした者に通知するものとする。

3)評価対象者は、第一項の苦情の申出をしたことを
理由として、不利益な取扱いを受けない。
(警察本部長による適性評価の実施等)

第十五条 警察本部長は、
政令で定めるところにより、
次に掲げる者について、適性評価を実施するものとする。

一)当該都道府県警察の職員
(警察本部長を除く。次号において同じ。)
として特定秘密の取扱いの業務を新たに行うことが
見込まれることとなった者
(当該警察本部長がその者について直近に実施して
次項において準用する第十三条第一項の規定による
通知をした日から五年を経過していない
適性評価において、特定秘密の取扱いの業務を
行った場合にこれを漏らすおそれがないと
認められた者であって、引き続き当該おそれがないと
認められるものを除く。)

二)当該都道府県警察の職員として、
特定秘密の取扱いの業務を現に行い、かつ、
当該警察本部長がその者について直近に実施した
適性評価に係る次項において
準用する第十三条第一項の規定による
通知があった日から五年を経過した日
以後特定秘密の取扱いの業務を引き続き行うことが
見込まれる者

三)当該警察本部長が直近に実施した適性評価において
特定秘密の取扱いの業務を行った場合にこれを
漏らすおそれがないと認められた者であって、
引き続き当該おそれがないと認めることについて
疑いを生じさせる事情があるもの

2)前三条
(第十二条第一項並びに第十三条第二項及び第三項を除く。)
の規定は、前項の規定により警察本部長が実施する
適性評価について準用する。この場合において、
第十二条第三項第三号中「第一項第三号」とあるのは、
「第十五条第一項第三号」と読み替えるものとする。
(適性評価に関する個人情報の利用及び提供の制限)

第十六条 行政機関の長及び警察本部長は、
特定秘密の保護以外の目的のために、
評価対象者が第十二条第三項
(前条第二項において読み替えて準用する場合を
含む。)
の同意をしなかったこと、評価対象者についての
適性評価の結果その他適性評価の実施に当たって
取得する個人情報
(生存する個人に関する情報であって、
当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等に
より特定の個人を識別することができるもの
(他の情報と照合することができ、それにより
特定の個人を識別することができることと
なるものを含む。)をいう。以下この項において同じ。)
を自ら利用し、又は提供してはならない。
ただし、適性評価の実施によって、
当該個人情報に係る特定の個人が国家公務員法
(昭和二十二年法律第百二十号)第三十八条各号、
同法第七十五条第二項に規定する人事院規則の
定める事由、同法第七十八条各号、第七十九条各号
若しくは第八十二条第一項各号、
検察庁法(昭和二十二年法律第六十一号)
第二十条各号、外務公務員法(昭和二十七年法律
第四十一号)第七条第一項に規定する者、
自衛隊法(昭和二十九年法律第百六十五号)
第三十八条第一項各号、第四十二条各号、
第四十三条各号若しくは第四十六条第一項各号、
同法第四十八条第一項に規定する場合若しくは
同条第二項各号若しくは第三項各号若しくは
地方公務員法(昭和二十五年法律第二百六十一号)
第十六条各号、第二十八条第一項各号若しくは
第二項各号若しくは第二十九条第一項各号
又はこれらに準ずるものとして政令で定める事由の
いずれかに該当する疑いが生じたときは、
この限りでない。

2)適合事業者及び適合事業者の指揮命令の下に
労働する派遣労働者を雇用する事業主は、
特定秘密の保護以外の目的のために、
第十三条第二項又は第三項の規定により
通知された内容を自ら利用し、又は提供してはならない。
(権限又は事務の委任)

第十七条 行政機関の長は、
政令(内閣の所轄の下に置かれる機関及び会計検査院にあっては、
当該機関の命令)で定めるところにより、
この章に定める権限又は事務を当該行政機関の
職員に委任することができる。

第六章 雑則(特定秘密の指定等の運用基準)

第十八条
1)政府は
特定秘密の指定及びその解除並びに
適性評価の実施に関し、統一的な運用を図るための
基準を定めるものとする。

2)政府は、
前項の基準を定め、又はこれを変更しようとするときは、
我が国の安全保障に関する情報の保護、
行政機関等の保有する情報の公開、
公文書等の管理等に関し優れた識見を有する者の
意見を聴かなければならない。
(関係行政機関の協力)

第十九条 関係行政機関の長は、
特定秘密の指定、適性評価の実施その他この法律の規定により
講ずることとされる措置に関し、
我が国の安全保障に関する情報のうち特に
秘匿することが必要であるものの
漏えいを防止するため、相互に協力するものとする。
(政令への委任)

第二十条 この法律に定めるもののほか、
この法律の実施のための手続その他この法律の施行に関し
必要な事項は、政令で定める。
(この法律の解釈適用)

第二十一条 
1)この法律の適用に当たっては、
これを拡張して解釈して、国民の基本的人権を
不当に侵害するようなことがあってはならず、
国民の知る権利の保障に資する
報道又は取材の自由に十分に配慮しなければならない。

2)出版又は報道の業務に従事する者の
取材行為については、専ら公益を図る目的を有し、
かつ、法令違反又は著しく不当な方法によるものと
認められない限りは、これを正当な業務による行為と
するものとする。

第七章 罰則

第二十二条 
1)特定秘密の取扱いの業務に従事する者が
その業務により知得した特定秘密を漏らしたときは、
十年以下の懲役に処し、又は情状により十年以下の
懲役及び千万円以下の罰金に処する。
特定秘密の取扱いの業務に従事しなくなった
後においても、同様とする。

2)第四条第三項後段、第九条又は第十条の規定により
提供された特定秘密について、
当該提供の目的である業務により当該特定秘密を
知得した者がこれを漏らしたときは、
五年以下の懲役に処し、又は情状により
五年以下の懲役及び
五百万円以下の罰金に処する。
同条第一項第一号ロに規定する場合において
提示された特定秘密について、
当該特定秘密の提示を受けた者がこれを
漏らしたときも、同様とする。

3)前二項の罪の未遂は、罰する。
4)過失により第一項の罪を犯した者は、
二年以下の禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
5)過失により第二項の罪を犯した者は、
一年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。

第二十三条
人を欺き、人に暴行を加え、若しくは人を脅迫する行為
により、又は財物の窃取若しくは損壊、施設への侵入、
有線電気通信の傍受、不正アクセス行為
(不正アクセス行為の禁止等に関する法律
(平成十一年法律第百二十八号)
第二条第四項に規定する不正アクセス行為をいう。)
その他の特定秘密を保有する者の管理を害する
行為により、特定秘密を取得した者は、
十年以下の懲役に処し、又は情状により
十年以下の懲役及び
千万円以下の罰金に処する。

2)前項の罪の未遂は、罰する。
3)前二項の規定は、刑法(明治四十年法律第四十五号)
その他の罰則の適用を妨げない。

第二十四条
1)第二十二条第一項又は前条第一項に規定する行為の遂行を共謀し、教唆し、
又は煽動した者は、五年以下の懲役に処する。
2)第二十二条第二項に規定する行為の遂行を共謀し、
教唆し、又は煽動した者は、三年以下の懲役に処する。

第二十五条 第二十二条第三項若しくは第二十三条第二項の罪を
犯した者又は前条の罪を犯した者のうち
第二十二条第一項若しくは第二項若しくは
第二十三条第一項に規定する行為の遂行を共謀したものが自首したときは、
その刑を減軽し、又は免除する。

第二十六条 
1)第二十二条の罪は、日本国外において同条の罪を犯した者にも適用する。
2)第二十三条及び第二十四条の罪は、刑法第二条の例に従う。

附則
(施行期日)

第一条 この法律は、公布の日から起算して一年を超えない
範囲内において政令で定める日から施行する。

(経過措置)

第二条 この法律の公布の日から起算して二年を超えない
範囲内において政令で定める日の前日までの
間においては、第五条第一項及び第五項
(第八条第二項において読み替えて準用する場合を
含む。以下この条において同じ。)
の規定の適用については、第五条第一項中
「第十一条の規定により特定秘密の
取扱いの業務を行うことができることとされる
者のうちから、当該行政機関」とあるのは
「当該行政機関」と、同条第五項中「第十一条の
規定により特定秘密の取扱いの業務を行うことが
できることとされる者のうちから、同項の」とあるのは
「同項の」とし、第十一条の規定は、適用しない。
(自衛隊法の一部改正)

第三条 自衛隊法の一部を次のように改正する。
目次中
「自衛隊の権限等(第八十七条―第九十六条の二)」を
「自衛隊の権限(第八十七条―第九十六条)」に、
「第百二十六条」を「第百二十五条」に改める。
第七章の章名を次のように改める。
第七章自衛隊の権限
第九十六条の二を削る。
第百二十二条を削る。
第百二十三条第一項中「一に」を「いずれかに」に、
「禁こ」を「禁錮」に改め、
同項第五号中「めいていして」を「酩酊して」に改め、
同条第二項中「ほう助」を「幇助」に、
「せん動した」を「煽動した」に改め、
同条を第百二十二条とする。
第百二十四条を第百二十三条とし、
第百二十五条を第百二十四条とし、
第百二十六条を第百二十五条とする。
別表第四を削る。
(自衛隊法の一部改正に伴う経過措置)

第四条 次条後段に規定する場合を除き、この法律の施行の日
(以下この条及び次条において「施行日」という。)
の前日において前条の規定による改正前の
自衛隊法
(以下この条及び次条において「旧自衛隊法」という。)
第九十六条の二第一項の規定により
防衛大臣が防衛秘密として指定していた事項は、
施行日において第三条第一項の規定により
防衛大臣が特定秘密として指定をした情報と、
施行日前に防衛大臣が当該防衛秘密として
指定していた事項について
旧自衛隊法第九十六条の二第二項第一号の
規定により付した標記又は同項第二号の
規定によりした通知は、施行日において防衛大臣が
当該特定秘密について
第三条第二項第一号の規定によりした表示
又は同項第二号の規定によりした通知とみなす。
この場合において、第四条第一項中
「指定をするときは、当該指定の日」とあるのは、
「この法律の施行の日以後遅滞なく、同日」とする。

第五条 施行日前にした行為に対する罰則の適用については、
なお従前の例による。
旧自衛隊法第百二十二条第一項に規定する
防衛秘密を取り扱うことを業務とする者であって
施行日前に防衛秘密を取り扱うことを
業務としなくなったものが、
その業務により知得した
当該防衛秘密に関し、施行日以後にした
行為についても、同様とする。
(内閣法の一部改正)

第六条 内閣法(昭和二十二年法律第五号)の一部を
次のように改正する。

第十七条第二項第一号中「及び内閣広報官」を
「並びに内閣広報官及び内閣情報官」に改める。
第二十条第二項中「助け、」の下に
「第十二条第二項第二号から第五号までに掲げる
事務のうち特定秘密
(特定秘密の保護に関する法律(平成二十五年法律第 号)
第三条第一項に規定する特定秘密をいう。)
の保護に関するもの
(内閣広報官の所掌に属するものを除く。)及び」
を加える。

(政令への委任)
第七条 附則第二条、第四条及び第五条に規定するもののほか、
この法律の施行に関し必要な経過措置は、政令で定める。

別表(第三条、第五条―第九条関係)

一)防衛に関する事項
イ)自衛隊の運用又はこれに関する見積り若しくは計画若しくは研究
ロ)防衛に関し収集した電波情報、画像情報その他の重要な情報
ハ)ロに掲げる情報の収集整理又はその能力
ニ)防衛力の整備に関する見積り若しくは計画又は研究
ホ)武器、弾薬、航空機その他の防衛の用に供する物
(船舶を含む。チ及びリにおいて同じ。)の種類又は数量
ヘ)防衛の用に供する通信網の構成又は通信の方法
ト)防衛の用に供する暗号
チ)武器、弾薬、航空機その他の防衛の用に供する物
又はこれらの物の研究開発段階のものの仕様、
性能又は使用方法
リ)武器、弾薬、航空機その他の防衛の用に供する物
又はこれらの物の研究開発段階のものの製作、
検査、修理又は試験の方法
ヌ)防衛の用に供する施設の設計、
性能又は内部の用途(ヘに掲げるものを除く。)

二)外交に関する事項
イ)外国の政府又は国際機関との交渉又は協力の方針
又は内容のうち、国民の生命及び身体の保護、
領域の保全その他の安全保障に関する重要なもの
ロ)安全保障のために我が国が実施する貨物の輸出
若しくは輸入の禁止その他の措置又はその方針
(第一号イ若しくはニ、第三号イ又は第四号イに掲げるものを除く。)
ハ)安全保障に関し収集した条約その他の国際約束に
基づき保護することが必要な情報その他の重要な情報
(第一号ロ、第三号ロ又は第四号ロに掲げるものを除く。)
ニ)ハに掲げる情報の収集整理又はその能力
ホ)外務省本省と在外公館との間の通信その他の外交の用に供する暗号

三)特定有害活動の防止に関する事項
イ)特定有害活動による被害の発生若しくは拡大の防止(
以下この号において「特定有害活動の防止」という。)
のための措置又はこれに関する計画若しくは研究
ロ)特定有害活動の防止に関し収集した外国の政府
又は国際機関からの情報その他の重要な情報
ハ)ロに掲げる情報の収集整理又はその能力
ニ)特定有害活動の防止の用に供する暗号

四) テロリズムの防止に関する事項
イ)テロリズムによる被害の発生若しくは拡大の防止
(以下この号において「テロリズムの防止」という。)
のための措置又はこれに関する計画若しくは研究
ロ)テロリズムの防止に関し収集した外国の政府
又は国際機関からの情報その他の重要な情報
ハ)ロに掲げる情報の収集整理又はその能力
ニ)テロリズムの防止の用に供する暗号

理由
国際情勢の複雑化に伴い我が国及び国民の
安全の確保に係る情報の重要性が増大するとともに、
高度情報通信ネットワーク社会の発展に伴い
その漏えいの危険性が懸念される中で、
我が国の安全保障に関する情報のうち特に
秘匿することが必要であるものについて、
これを適確に保護する体制を確立した上で収集し、
整理し、及び活用することが重要であることに鑑み、
当該情報の保護に関し、
特定秘密の指定及び取扱者の制限その他の
必要な事項を定める必要がある。これが、こ
の法律案を提出する理由である。
国民徴用令(昭和14年勅令第451号)(口語訳)

第一条 国家総動員法の第四条と第六条に基づいて、国民を徴用したり、
働かせたりする時の賃金など労働条件に関する命令は、
他に特別な定めがない時はこの勅令に従う。

第二条 徴用は、特別の理由がある場合を除いて、
職業指導所や職業紹介(現在のハローワーク)その他の募集によっても
人員が足りない場合に限って行うものとする。

第三条 徴用は、「国民職業能力申告令」によって申告された者に限って行う。
ただし、徴用中に要申告者でなくなった場合はその限りではない。
2 特別の必要ある場合には前項の規定に関わらず
命令で定められた要申告者以外の者でも徴用することができる。

第四条 徴用する者は国が行う総動員業務、
または「工場事業場管理令」によって政府が管理する工場や事業場、
その他の施設(以下管理工場)などにおいて行う
総動員業務に従事させるために行う。
2 特別の必要ある場合には、前項の規定に関わらず
厚生大臣が指定する工場などで行うことができる。

第五条 徴用やその解除は厚生大臣の命令によって行う。

第六条 国家総動員業務を行う官庁の所管大臣や
管理工場などの事業主は徴用が必要な時は、厚生大臣に請求する。
2 前項の規定によって管理工場の事業主が申請する時はその主務大臣を経由すること。

第七条 厚生大臣は、前条の請求または申請があって
必要と認めた時は徴用命令を発し、
徴用されるべき者の居住地もしくは就業地を管轄する地方長官(知事)に通達すること。
2 居住地と就業地の地方長官(知事)が異なるときは、
以前の居住地を管轄する地方長官(知事)に徴用命令を通達すること。
3 地方長官(知事)は、徴用命令の通達を受けた時は直ちに徴用命令書を発して
徴用されるべき者に公布すること。

第八条 徴用命令書には次に掲げる事項を記載すること。
但し軍の機密保護上特に必要がある時は第二号と第三号の全部又は一部を省略すること。
一 徴用される者の氏名、生年月日、本籍、居住地
二 従事すべき総動員業務を行う官庁又は管理工場、指定工場の名称と所在地
三 従事すべき総動員業務とその場所
四 徴用される期間
五 出頭すべき日時と場所
六 その他必要な事項

第九条 地方長官(知事)は、徴用される者の居住地、就業地、職業、
技能程度、身体の状態、家庭状況、希望などに配慮し、
徴用が適切か否か、従事する総動員業務や職業、場所を決定し徴用書を発すること。

第十条 地方長官(知事)は、徴用の適否、その他を判定するために
必要な時は徴用される者をあらかじめ出頭させることができる。

第十一条 徴用令書が交付された者は、病気その他やむを得ない事故によって
指定の日時と場所に出頭することができない場合は、
地方長官(知事)にその旨を届け出ること。
2 前項の規定によって届けがある場合は、
地方長官(知事)は、必要があると認められる時は、出頭の日時や場所を変更したり、
徴用に適しないと判断したときは徴用の取り消しを行うことができる。
その場合は出頭変更命令書または徴用取り消し命令書を発してその者に交付すること。

第十二条 被徴用者を使用している官庁または管理工場などは、
被徴用者の総動員業務、職業、場所、徴用期間について変更がある時は、
厚生大臣にその変更を請求したり申請したりすること。

第十三条 厚生大臣は、それらの請求や申請が必要と認めた場合は、
それらの変更をすること。

第十四条 被徴用者が病気等の理由で総動員業務に適しなくなったり、
総動員業務に必要がなくなったりした時は、
徴用の解除を厚生大臣に請求または申請すること。
2 被徴用者が病気等の理由で総動員業務に従事が困難になった時は、
官庁に使用されている場合は当該所管大臣へ、
管理工場や指定工場の場合は厚生大臣に届け出を行う。

第十五条 厚生大臣は、前条第一項の規定による請求や申請に対しては、
徴用を解除することができる。
2 厚生大臣が必要と認めた時は、請求や申請がなくても解除することができる。
3 厚生大臣は、前項の規定によって官庁に使用されている者の
徴用を解除する時は当該所管大臣と協議すること。

第十六条 厚生大臣は徴用の変更や解除をする時は、
徴用変更命令または徴用解除命令を発し、
被徴用者の就業地の管轄する地方長官(知事)、
徴用令書を発した地方長官(知事)にこれを通達すること。
2 地方長官(知事)は、徴用変更命令または解除命令の通達を受けた時は、
直ちに被徴用者にそのことを交付すること。

第十七条 被徴用者は、官庁に使用されている場合は
当該官庁の長の指揮を受け、管理工場などに使用されている時は
当該事業主の指示に従うこと。

第十八条 被徴用者の給与は、その者の技能程度、業務内容、就業場所、
以前の給与その他を配慮し、官庁または事業主が支給するものとする。
2 被徴用者に対する給与に関しては、
官庁では当該所管大臣と協議して定め、
管理工場などでは事業主が厚生大臣の認可を受けて定めること。

第十九条 徴用される者が第十条によって出頭する場合の旅費は
地方長官が支給する。
2 管理工場や指定工場に配置された時、第十条の規定によって
出頭した者に対して支給された旅費は当該事業主が国庫に納入すること。
被徴用者が徴用されて指定の場所に出頭する時
または解除されて帰郷する時の旅費は政府または事業主が支給する。
3 第一項及び前項の場合に、
前金を渡さなければ出頭できない者に対しての旅費は
その居住地の市町村などが一時的に立て替えて支給すること。
4 徴用される者が第十条の規定によって出頭する場合の旅費や
一時立て替えに関しての必要事項は厚生大臣が定める。
5 被徴用者が徴用令書を交付され
指定の場所に出頭する時の旅費や一時立て替え、
または徴用を解除されて帰郷する場合の旅費に関しては、
官庁に使用された者に対しては当該所管大臣が、
管理工場などに使用された者に対しては厚生大臣が定める。

第十九条の二 厚生大臣は必要ある時は、
国家総動員法第六条によって被徴用者を使用する管理工場や
指定工場の事業主に対して
被徴用者の使用、賃金、給料その他の条件に関して命令を出すことができる。

第十九条の三 被徴用者が徴用されたことにより、
その家族と別居することになった時や特別の理由がある時、
また被徴用者が業務上の傷害や病気により徴用を解除された時は、
本人や家族が生活困難になることがあれば命令によってこれを扶助すること。
2 被徴用者が総動員業務に従事中故意や過失ではない傷害や
病気によって死亡した時は、その遺族が生活困難となる場合はこれを扶助すること。
3 前二項の家族や遺族の範囲及び扶助に関しての必要な事項は命令で定める。

第十九条の四 前条によって扶助を受けた者が管
理工場または指定工場に使用されていた場合は、
当該管理工場または指定工場の事業主は扶助に必要な費用を国庫に納入すること)

第二十条 厚生大臣または地方長官(知事)は、
国家総動員法第三十一条の規定により徴用に関しての報告を求めることができる。
2 厚生大臣または地方長官(知事)は、
徴用に関して必要とあれば国家総動員法第三十一条に基づき、
当該職員を工場、事業所その他の場所に臨検して、
業務の状況や帳簿類その他の物件を検査させることができる。
この場合、当該職員の身分証明書を携帯させること。

第二十一条 次の各号に該当する者は徴用できない。
一 陸海軍軍人の現役中の者、但しまだ入営していない者は除く。また陸海軍
軍人で召集中の者
二 陸海軍学生生徒、予備補習生を含む。
三 陸海軍軍属、但し被徴用者である者は除く。
四 医療関係者で職業能力申告令によって申告をすべき者
五 獣医師で職業能力申告令によって申告をすべき者
六 船員法による船員、朝鮮船員令による船員、関東州船員令による船員
七 法令による拘禁中の者

第二十二条 次の各号の一に該当する者は特別必要がある場合以外は徴用しない。
一 他人が代われない職にある国家公務員、上級役人、又は地方公務員
二 国、地方の議会の議員とそれに準ずる者
三 総動員業務に従事する者で他人が代われない者

第二十三条 厚生大臣は、
命令によって国民職業指導所長に徴用に関する事務の一部を担当させたり、
市町村長またはこれに準ずる者に徴用に関する事務を補助させることができる。
2 市町村長またはこれに準ずる者が、
前項の規定により徴用に関する事務を行うために要する費用は
市町村またはこれに準ずるのものが一時建て替えとする。
3 前項の費用及びその一時建て替えに関して必要な事項は厚生大臣が定める。

第二十四条 厚生大臣は、本令の施行に関する重要事項については
内閣総理大臣と協議すること。

第二十五条 省略(※朝鮮・台湾・樺太・満州に関する事項)
2 省略(※朝鮮・台湾・樺太・満州に関する事項)

第二十六条 本勅令に規定する他、徴用に関して必要事項は命令で定める。

※この勅令は、
昭和14年7月8日に公布され、
昭和15年勅令第674号、
昭和16年勅令第1129号、
昭和17年勅令第38号、同勅令第731号、同勅令第781号、
昭和18年勅令第600号、同勅令第855号、
昭和19年勅令第89号、同勅令第600号、
昭和20年勅令第22号と改正されました。
※上記条文は、昭和16年勅令第1129号改正のものです。
「国民徴用令」一問一答 

法律ではこうだったが…?

01)徴用する根拠となった法律は?
02)徴用が行われたのは?
03)どんな人が徴用の対象者?
04)徴用されなかった人たちもいたか?
05)徴用で働かされた場所は?
06)何のための徴用したか?
07)誰の権限で進められたか?
08)徴用の命令が本人に届く手続きは?
09)徴用の最終決定者は誰か?
10)徴用は拒否できたか?
11)病気や怪我をした時は?
12)徴用中に死亡した時は?
13)徴用中の監督は誰か?
14)給料や旅費などはあったか?
15)単身赴任の場合は?
16)生活扶助は誰が行ったか?
17)徴用された後はどうなったか?
18)実際の事務は誰がおこなったか?

[制作者註 この「国民徴用令」一問一答は

沖縄戦で乱発された「徴用」が
法律ではどのようになっていたかを逐一見直し、
実際の運用と法律の条文にどれだけの落差があるのか、
または、法律の運用がいかにでたらめであるかを
検証するために作成しました。
したがって、この一問一答は、
沖縄戦の証言と対になっています。
さらに、
「有事法制」の条文とどう重なるのか、
三層構造を比較検討することによって
法制の建前と本音が見えてくるのではないでしょうか。]


01) 国民を徴用した根拠になる法律は何でしたか。

「国家総動員法」第四条、第六条に基づいて、
国民を徴用しました。
(「国家総動員法」第四条、第六条、「国民徴用令」第一条)

02) どのような場合に徴用を行ったのですか。

徴用は、職業指導所(現在のハローワーク)などで
募集しても足りない場合に行うことになっていましたが、
一方では特別な場合は除くという条文もありました。
(「国民徴用令」第二条)

03) どのような人が徴用されたのですか。

徴用は、「国民職業能力申告令」によって
申告された者に限る、となっていました。
この「国民職業能力申告令」も
当初は男子のみが該当者でしたが、
改正を繰り返し、女子も該当者にしました。
さらに、国民徴用令では、
特別な場合はそれ以外の者でも徴用できることになっていました。
(「国民職業能力申告令」「国民徴用令」第三条、同条2項)

04) 徴用されない人たちはいましたか。

いました。「徴用できない人たち」と「徴用しない人たち」に分けていました。
徴用できない人たちは次の人たちです。
一  陸海軍軍人で現役の者、また陸海軍軍人で召集中の者、
但しまだ入営していない者は徴用されます。
二  陸海軍学生生徒で、予備補習生も含まれます。
三  陸海軍軍属、但しすでに被徴用者である者は徴用されます。
四  医療関係者で職業能力申告令によって申告をすべき者
五  獣医師で職業能力申告令によって申告をすべき者
六  船員法による船員、朝鮮船員令による船員、関東州船員令による船員
 ※朝鮮や関東州はその当時日本の植民地であった。 
七  法令による拘禁中の者
(「国民徴用令」第二十一条)

徴用しないのは次の人たちですが、特別の場合は除くとなっています。
つまり、総動員業務の内容によってはこの人たちからも徴用は行われました。
一  国家公務員、上級役人、又は地方公務員で他人が代われない職にある者
二  国、地方の議会の議員とそれに準ずる者
三  総動員業務に従事していて他人が代われない者
(「国民徴用令」第二十二条)

05) 徴用されるとどんな所で働かされたのですか。
徴用は、国や官庁が管理する管理工場や指定工場などで行なわれました。
特別な場合は、厚生大臣が指定する工場でも行うことができました。
(「国民徴用令」第四条、同条2項)

06) 何のために徴用を行ったのですか。
徴用は総動員業務に従事させるために行なわれました。
(「国民徴用令」第四条)

07) 徴用は誰の権限で進められたのですか。
最初の徴用命令や最終の解除命令は厚生大臣が行ないました。
また、途中の変更命令や等も厚生大臣が発しています。
(「国民徴用令」第五条)

08) 徴用はどんな手続きでおこなわれたのですか。
 まず、官庁や政府の管理工場で徴用が必要な時は
厚生大臣に請求します。
次に、厚生大臣は徴用命令を発し、
地方長官(知事)に通達します。
次に、地方長官(知事)は、「徴用命令書」を
徴用される者に公布します。
(「国民徴用令」第六条、第七条)

09) 誰が、最終的に徴用を決めるのですか。
 地方長官(知事)は、厚生大臣の命令に基づいて、
徴用される者の居住地、就業地、職業、技能程度、
身体の状態、家庭状況、希望などを判断し、
徴用に適切か否かを決めたり、
総動員業務の内容や徴用の場所などを決定します。
その判断のために必要な時はその者を出頭させて調査することができました。
(「国民徴用令」第九条、第十条)

10) 徴用の通知がきたら断れなかったのですか。
 「徴用命令書」が交付された者は、
やむなき事故等によって指定の日時と場所に出頭できない場合は、
地方長官(知事)に届け出たりすることはできましたが、
断ることはできませんでした。
それどころか、「国家総動員法」では、
次のように、罰則までありました。
つまり、徴用に応じなかったり、総動員業務に従事しなかったり、
また、被徴用者の雇傭、解雇、賃金などについての
政府(厚生大臣)の命令を守らなかったりすると、
一年以下の懲役または千円以下の罰金が課されました。ただ、
地方長官が事前に調査した結果、
徴用に不適切と判断した時は取り消しを行ったり、
場所の変更などは行うことはできました。
(「国民徴用令」第十一条) 「国家総動員法第三十六条」

11) 病気や怪我などをした時はどうなりましたか。
被徴用者が病気等の理由で、
総動員業務に適しなくなったり、必要がなくなったり、
業務の従事が困難になったりした時は、
徴用の解除を請求したり、申請したり、
届け出たりすることができました。
それを受けて、厚生大臣が徴用を解除することができました。
 また、厚生大臣は必要と認めた時は、
請求や申請がなくても徴用を解除することができました。そして、
厚生大臣は徴用の変更や解除の時は、
地方長官(知事)などに通達することになっていました。
次に地方長官(知事)は、被徴用者に変更や解除を
交付するという手続きをとることになっていました。
(「国民徴用令」第十四条、 第十五条、第十六条)

12) 徴用中に死亡した時はどうなりましたか。
総動員業務の従事中に死亡した時は、
その遺族が生活困難になった時は扶助することになっています。
(「国民徴用令」第十九条の三2項)

13) 徴用された時の監督権は誰がもっていたのですか。
被徴用者は、官庁に使用されている場合はその官庁の長の指揮を受け、
管理工場などに使用されている時はその事業主の指示に従うこと、
となっていました。
(「国民徴用令」第十七条)

14)徴用期間中の給料や旅費などはありましたか。
はい、ありました。給与は、その者の技能程度、
業務内容、就業場所、以前の給与その他を考慮して、
官庁または事業主が支給することになっていました。
(「国民徴用令」第十八条)
また、徴用される者が調査のために出頭する場合の
旅費は地方長官(知事)が支給することになっていました。
つまり、その者が出頭した都府県が支払うということです。
また、被徴用者の徴用による出頭や解除による
帰郷の旅費は、官庁または事業主が支給することに
なっていました。
また、前金を渡さなければ出頭できない者に対しての旅費は、
その居住地の市町村などが一時的に立て替えて
支給することになっていました。
(「国民徴用令」第十九条)

15) 家族などと離れた場所での徴用では、どうなったのですか。
被徴用者の徴用により、家族と別居する時や特別の理由がある場合、
また被徴用者が業務上の傷害や病気により徴用を解除された時は、
本人や家族が生活困難になることがあればこれを
扶助することなっていました。
(「国民徴用令」第十九条の三)

16) これらの扶助は誰が行ったのですか。
扶助を受けた者が官庁の時はその官庁が、
管理工場や指定工場などに使用されていた場合は、
事業主が行うことになっていました。
(「国民徴用令」第十九条の四)

17) 徴用された後はどうなりましたか。
厚生大臣または地方長官(知事)は、徴用に関して、
当該職員を工場や事業所などに派遣して、
業務の状況や帳簿類などの物件を検査させることができました。
(「国民徴用令」第二十条)

18) 徴用の実際の事務は誰がおこなったのですか。
厚生大臣は、
国民職業指導所(現在のハローワーク)所長などに
徴用の事務の一部を担当させたり、
また、市町村長などにも徴用の事務を補助させることができました。
(「国民徴用令」第二十三条)

[制作者註]
※この「国民徴用令」は、
昭和14年7月8日に「勅令」として公布されました。
そして、
昭和15年勅令第674号、
昭和16年勅令第1129号、
昭和17年勅令第38号、同勅令第731号、同勅令第781号、
昭和18年勅令第600号、同勅令第855号、
昭和19年勅令第89号、同勅令第600号、
昭和20年勅令第22号と改正されました。
※本回答の内容は昭和16年勅令第1129号改正に基づいています。

日本が軍事国家と国民監視国家に変わる時(英訳付き) 
When Japan turns into the military nation and nation monitoring nation


【資料を見る前に】

[before watching a document]

此の資料は私が兼ねてから懸念して来た事と同じ事が乗っていると同時に

At the same time as a thing same as this document having been concerned since I serve is carried

憲法違反と謳っています。

I declare it with unconstitutionality.

私も現在のブログや呟きで書き込んでいる様に国民全体の将来を決める立法や

The legislation which I select the future of the whole nation as to write in it by current blog and mutter

憲法改正は法案あげる前から国民に知らせ共に考えていくならまだ分かりますが

If I tell the nation since before having raised a bill and think together, I still understand the constitutional amendment, but

勝手に憲法改正草案を作り其れを基にして、国会で特定秘密保護法を強行採決・

Do a constitutional amendment draft to it reo group made without permission; and is railroading ・ in Official Secrets Act specific in the Diet

安全保障会議設置法改正案を27日に採決しました。

I voted in Security Council setting revision bill on 27th.

安保条約より遥かに危険な法案です。

It is the bill that is much more dangerous than a security treaty.

其の先には憲法改正草案(此処に総て書いてあります完全に憲法と間反対の軍事国家です)

In the point a constitutional amendment draft (all is a constitution and a military nation of the interval objection in written perfection here)

既に国民に知らせず秘密裏に計画を続行していることは

Continuing a plan behind closed doors without already telling the nation

此のことに携わっているメンバーは此の時点で国賊なのです。

A member engaged about this is a traitor at the time of this.


日本国憲法の全文には、

In the whole sentence of the Constitution of Japan,

【そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、

[in the first place trust niyorumonodeatsute where, in the government, the nation is solemn]

その権威は国民に由来し、

The authority comes from the nation,

その権力は国民の代表者がこれを行使し、

As for the power, the representative of the nation uses this,

その福利は国民がこれを享受する。

As for the public welfare, the nation enjoys this.

これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。

This is a principle of the human universality, and this constitution is based on such a principle.

われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。】

We remove all constitutions, laws and ordinances against this and Imperial edict; 】.


安部総理の祖父は第二次世界大戦で人道的な戦争犯罪の

Of the war crimes that the grandfather of Prime Minister Abe is World War II, and are humanitarian

戦犯でA級犯罪人でした。
It was Class A offender for a war crime.

満州国で№2の権力者で阿片製造のトップで、世界一の阿片帝国を作り上げた

I built up a world's best opium empire at the top of the opium production in No. 2 men of power in Manchurian country



満州国では

In the Manchurian country

1) 満州・中国でアヘン製造密輸問題

1) Manchurian, China opiate production smuggling problem

2) 満州野戦病院の負傷兵を青酸カリを投与・軍刀で殺害問題

2) It is the issue of killing in the dosage, a saber with potassium cyanide in the injury soldiers of the Manchurian field hospital

3) 現地住民と日本住民の虐殺問題

3) The issue of slaughter of local inhabitants and Japanese inhabitants

4) 731部隊石井部隊問題(関東軍防疫給水部)=人体実験

4) Issue of 731 corps Ishii corps (Kanto military prevention of epidemics water supply department) = experiment on a human body

5) 軍人への慰安婦問題此の中にはある省からの

5) From the issue of charity dame ministry which there is in this to an officer

軍人・被害者の様々な実名証言も含まれています

Various real name testimony of an officer, the victim is included, too

6) 原爆のウラン鉱石採掘問題

6) The issue of uranium ore dig of the atom bomb

7) 靖国を軍事利用問題

7) Yasukuni the issue of military use,

人類史上、軍としても、宗教上としても、自国の兵や住民に捕虜ではなく

The human is a captive for a soldier and the inhabitants of the own country in history as neither the military nor the religion top

死を前提とした、自害・玉砕・特攻等を戦略として用いた事である。

It is suicide, a honorable death, the thing that I used as suicide attack equal o strategy assuming the death.

* これ等の事件は、満州国での幹部らは当然のこと逃げる時に、

* When, as for the case of these, the executives in the Manchurian country evade a matter of course,

戦犯になる証拠書類を焼却処分をした。

I burnt up the documentary evidence which became a war crime and disposed.

しかし一部秘密書類・重要書類・当時の生存者の証言書類は、

However, the testimony documents of the survivor then some secrets documents, important documents,

私が知る限りでは国の最低2箇所に眠っている筈である。

It should lie in at least two places of the country as far as I know it.

現在の歴史問題は日本が戦後、

As for the current historical issue, Japan is after the war,

この問題を国内で軍と協力した関係者の国民に対する、

I fight against the nation of the person concerned in cooperation with the military by this problem in the country,

反逆と戦犯の裁判で明らかにせずに密かに闇に葬った事から

From what I hushed up in darkness secretly without clarifying it at treason and the trial of the war crime

現代に何時まで引きずる結果となったのである。

It followed that I dragged it till when in the present age.

戦後多くの戦場からの帰還者達が私の親族のように真実に口を閉ざしたのは、

Returnees from after the war many battlefields having shut a mouth in the truth like my relative

多くの戦犯の当事者や、戦時中の権力者が政府や国の大手企業(軍需産業)

The person concerned of many war crimes and a wartime man of power the major company (the war industry) of the government and the country

メデア・行政・自衛隊・警察機構の多くを占め戦後の権力を握っていたからである。

This is because it occupies most of medea・ administration, Self-Defense Forces, police mechanism, and it held postwar power.

現在米国CIAの対日工作でCIAに協力する事で生き延びた戦犯の

Of the war crime who survived by cooperating with CIA by work of American CIA to Japan now

2~3世が権力を握り、先導して閣僚を作り、

2-3 world holds power and I lead it and make a cabinet minister,


特定秘密保護法案、

Specific Official Secrets Act plan,

国内外に犯罪に関わる秘密文書を永久に閉ざそうとしています。

I am going to shut a secret document about crime forever outside the country.

之は日本国憲法と、国民の知る権利を守ろううとする正義の公務員と

kore the Constitution of Japan and people's right to know with a public employee of th
e syu rouutosuru justice

真実を知りたいとする国民への戦中の秘密警察による言論狩りと同じです。

I am the same as speech hunting by the secret police of the wartime to the nation to want to know the truth.

まだ悪いのは其れをテロ狩りとして曖昧に出来る事です。

It is what it can make vague as it reo terrorism hunting to be still bad.


秘密指定は時の閣僚・各省庁(長)

The secret designation a cabinet minister, each ministries and government offices (the head) of time

特に自衛隊(後の国軍)防衛省・検察庁(公安含む)と、

In particular with the Self-Defense Forces (the national military) Ministry of Defense, Public Prosecutor's Office (include public peace),

現在のように独裁化が進むと、

When becoming it goes ahead through the autocracy like the present,

国民にとっても銃口が国民に向けられる大きな危険をはらんでいます。

The muzzle is filled with big danger turned to the nation for the nation.

しかも国が何をしようとしているのか、

Besides, what is a country going to do?

総てが闇の中に閉ざされるのが特定秘密保護法案です。

It is specific Official Secrets Act plan that all is shut in darkness.


安全保障会議設置法改正案

Security Council setting revision bill

現在でも政府は外交努力ではなく、近隣諸国との危機を煽り

The government drives the crisis with neighboring countries not diplomatic effort now

日本を核武器をもって平和憲法を変えて

Change a peace constitution with a nuclear weapon in Japan

自衛隊を国軍に変え

It is changed the Self-Defense Forces by the national military

有事法制を制定する戦える国家にしようとしています。

I am going to make the nation which can fight establishing a legal framework for war contingencies.

之は既に秘密裏に作成された自民党(日本国憲法改正草案)に

In the Liberal Democratic Party (Constitution of Japan revision draft) where kore was already made behind closed doors

上記の問題を載せているからです。

This is because it puts the problem mentioned above.

* 私は今回の各法案は総てこれからの法案を正当化するための

* As for me, all this each bill are justification surutameno by bill in the future

下(基盤)固めだと考えています。

I think about a bottom (base) that rather hard.

現在分かっているのは下記のものです。

It is the following thing now to understand.

日本国憲法改正草案

Constitution of Japan revision draft

自衛隊法改正案=

Self-Defense Forces Law reform bill =

(自衛隊の権限)

(authority of the Self-Defense Forces)

(自衛隊の行動)

(action of the Self-Defense Forces)

(自衛隊法雑則)

(Self-Defense Forces Law minor regulations)

(自衛隊法罰則)

(Self-Defense Forces Law penal regulations)


有事法制にある

A legal framework for war contingencies has it

(武力攻撃事態等法)

(law such as armed attack situations)

(米軍行動円滑化法)

(United States Armed Forces action facilitation law)

(特定公共施設等利用法)

(usages such as specific public accommodation)

(国民保護法までの経過)

(progress to nation protection law)

(国民保護法改訂版)

(nation protection law revised edition)

* これ等も準備しているのです。

* I prepare for these.

特定秘密保護法を強行採決・安全保障会議設置法改正案を採決したのは

What voted in railroading, Security Council setting revision bill in specific Official Secrets Act

上記を正当化する為と危惧してブログに載せていたのです。

I felt uneasy about it when I justified the above and was in tune with blog.

之を前提として特定秘密保護法案・安全保障会議設置法改正案を

Official Secrets Act plan specific assuming kore, Security Council setting revision bill

急に持ち出し強行する訳が分かる筈です。

I should understand reason I take it suddenly, and to force.

私は海外でクーデターの戦闘エリアで負傷者を運びました。

I carried an injured person abroad in the battle area of the coup d'etat.

銃弾・バズーガー・戦闘機からの機銃掃射・ロケット弾

Machine-gun mopping-up, rocket bomb from bullet, bazuga・ fighter

路上に転がる死体狂気の現場です。

It is the spot of the body insanity to roll to the street.

首謀者は常に安全な所に、犠牲者は命令を受け戦う兵士と

With the soldier who victims always receive an order as for the ringleader in the safe place, and fights

罪も無い巻き込まれた国民です。

The crime is the few nation rolled up.

影には権力を握り利害を求めた欲深い支持母体が、

The greedy power base which I held power to a shadow, and demanded an interest,

常に由り大きな富を得ようとする限りない欲です。

It is always the limitless desire that it depends, and is going to get big wealth.

総ての事業には善良な庶民が消費者であり、

The good common people are consumers for all business,

消費者がいて初めて商行為が成り立つ

A commercial transaction makes ends meet only after there are consumers

経済の原則を忘れているのです。

I forget a principle of the economy.

国同士も同じ事が言えるのです、

Countries can say the same thing, too,

グローバル(多国籍企業に因る輸出入)経済は

The global (the import and export to depend on the multinational enterprise) economy

日本・世界の総事業者の1%(日本では0.3%)に満たない

I do not reach 1% of total companies of Japan, the world (in Japan 0.3%)

企業によって世界各国の格差・国内の格差と貧困層の拡大を

By a company the expansion of a difference, the domestic difference and poor of all the countries of the world

米・EU諸国・世界各国そして日本でも起きてきています。
I get up in United States, EU countries, all the countries of the world and Japan.

安い労働力を求め世界を渡り歩く多国籍企業。

The multinational enterprise which I find cheap work force, and changes the world.

其処に残るのはハゲタカに襲われ去ってゆく後に

After it is attacked by a vulture that I stay there, and leaving

混乱し残り物で食い繋ぎ滅びてゆく

I am confused and survive on the leftovers and fall

自然界と変らないと思いませんか。

Do not you think that you do not change with the natural world?

国内経済が活発に活動できて、初めて豊かな国に成れるのです。

National economy can be active lively and can become the rich country for the first time.

GDPは国の経済の指標にしていますが、大きな間違いです。

The GDP makes an index of the economy of the country, but is a big mistake.

世界には200以上の国と自治国があります。

There are countries more than 200 and own governing in the world.

そして其々に国のあり方が有って当たり前なのです。

And each has the way of the country and is ordinary.

他国に押し付ける権利はどの国も無いのです。

The right to push to the other countries has no country.

* 私は旅をして其の国には国成りに生活の基準が在ります。

* There is a standard of the life so that I do a trip, and a country becomes in the country.

国の格差で$・¥と現地のお金の差がありますが、

There are differences between $・\ and local money with the difference of the country,

生活用品の金額の収入に占める%は変らないかむしろ安く

I am rather cheap whether % among the incomes of the amount of money of the life article does not change

豊富なのです。

It is abundant.


海外企業が入る事によって之が壊されて、

kore be disturbed by an overseas company entering,

現在では物価が上がり

Prices rise now

全体が異常な状態になり

The whole is in an abnormal condition

昔の豊かさが失われています。

The old richness is lost.

企業は危うくなれば去り、ハゲタカと同じです。

The company passes if I become in danger and is the same as a vulture.

安部政権はまさに今其れを行っています。

The Abe Administration right goes to it reo now, and there is it.

国民に大企業への負担を国民の税金・国債で負わせ

Have the nation carry the burden on big company by a tax, the government bonds of the nation

其れまでの経過を明らかにしません。

I do not clarify it remadeno progress.

省庁の書類は総て秘密書類表示の紙から始まるのです。

All the documents of ministries and government offices begin with paper of the secret documents indication.

開示は個人情報として黒ラインで隠され

The disclosure is hidden as personal information at a black line

開示の意味が全くありません。

There is not a meaning of the disclosure at all.

* この様な実態の国が民主主義といえますか?

* May it be said that a country of such actual situation is democratic?

総てが憲法違反で政治家の立法権限で同にでも取れる

All is unconstitutionality and gets nidemo in the legislation authority of the politician

あいまいな法律を作り、67年間誤魔化してきたのです。

I made a vague law and deceived it for 67 years.

今度は総てサジ加減で闇に葬られてしまいます。

I am hushed up in darkness by all Saji addition and subtraction this time.

* 之でも皆様は支持出来るのですか。

* Can you support all of you in kore?


安部政権が秘密保護法を急ぐ訳

安部政権が秘密保護法を急ぐ訳はハッキリしている。
祖父岸信介総理大臣がアメリカ政府宛てに
「防衛上、核武装の必要が迫られれば日本は核武装する」

と告げ、アメリカは大きな衝撃を受け
日米安全保障の強化に繋がった。
叔父佐藤内閣時代の1960年代後半に、
極秘に核保有の可能性を検討した経緯がある


事の起こりは、スイスのジュネーブで開かれている
NPT(核拡散防止条約)の会議で、
核兵器は非人道的なものだとして、
いかなる状況でも使用すべきではないとする
共同声明が提出されましたが、
唯一の被爆国の日本はこの声明に署名せず、
NGOなどから批判の声が上がりました。

其処のは過って日本は被爆国でありながら
1970年2月にNPTを署名し、
1976年6月に批准したが、
署名にあたり日本政府は条件を付けた。
NPTを、国際的な核軍縮・不拡散を実現するための
最も重要な基礎であると位置付け、
またIAEA保障措置やCTBTを、
NPT体制を支える主要な柱としている。

条約第10条が自国の利益を危うくする事態と認めた時は
脱退する権利を有するとしていることに留意すると述べた。
条約が二十五年間わが国に
核兵器を保有しないことを義務づけるものである以上,
この間日米安全保障条約が存続する事が、
我が国の条約加入の前提の日米安全保障条約が廃棄されるなど、

我が国の安全が危うくなつた場合には
条約第十条により脱退し得ることは当然であると
声明を発表していた。
此の事は自国で核兵器を所持すると脅したのである。
其処には旧軍隊の核開発の前提がある。
1961年岸信介総理大臣がアメリカ政府宛てに
「防衛上、核武装の必要が迫られれば日本は核武装する」


非公式に伝達しアメリカは大きな衝撃を受け、
日米安全保障の強化に乗り出したといわれる。
1960年代後半に、
佐藤内閣時代政府は極秘に核保有の可能性を検討した
まだまだ核の発言や模索は国民に秘密裏に行われ
発言して来たのです。

原発は平和利用という建前であるが事実は違う、
関西電力は、アメリカUSEC社に軽水炉用核燃料の
濃縮役務を委託している。
濃縮の過程で劣化ウランが廃棄物として出てくるが、
2001年4月25日の交渉で関電は、
この劣化ウランの所有権をUSEC社に
無償で譲渡していると述べている。

その劣化ウランが劣化ウラン弾に使用されているかどうか
2001年「政府として特定の見解を有していない」
と述べている。
「原子力の研究、開発及び利用は、平和の目的に限」
ると規定する原子力基本法及び武器輸出三原則に違反し、
さらには憲法9条が掲げる憲法の平和原則にも抵触している。


日本の電力会社の劣化ウランが
劣化ウラン弾に使われている強い疑惑がある。
何故なら日本は憲法に違反し秘密裏に核兵器を作っていたからだ。
其の為に国民の税金を堂々と使える金のなる木、
しかも核兵器の材料を堂々と輸入が出来る原発を利用し、
推進して来たのである。


六ヶ所村のウラン濃縮ウランの製造量は年間6百tになる。
現在日本では9千6百tの劣化ウランを保有し、
保有量ではロシア・中国に続き世界9位である。
劣化ウラン弾は既に戦中の軍需産業であり
経団連の会員 岩国の米軍岩国基地の傍、
三井化学大竹工場内で生産し保管されて
爆弾・弾頭総て供給している


米軍が保有しているの劣化ウラン弾を製造しているのは、
グアム島の米軍基地内と、
岩国の三井化学大竹工場の2ヶ所で
アメリカ本土では製造していない。
三井化学大竹工場こそは、
米国の劣化ウラン弾の2大生産拠点の1つだったのです。
岩国基地の地下には核兵器が保管されている

米軍基地地下には
◎原子爆弾完成品72本(2m×50cm)長崎級の30倍程度の威力(保管)
◎アイソトープ弾頭580個(40cm×40cmの円柱)(大竹工場生産)
◎炸裂弾頭 330個(40cm×30cmの卵形)弾頭当りの炸裂小弾数150個(大竹工場生産)

原子爆弾についてはアメリカ本土から輸送されてきた物で、
現時点では作られていない。
日本の海上自衛隊、MK-38 重機機関銃用の砲弾の一部に
劣化ウラン弾を使用していたので

タングステンに切り替えたとの報告がある。
山口県岩国市の三井化学岩国大竹工場の酸化塔で爆発事故発生

安部氏の選挙地盤は山口で、
其の山口岩国には劣化ウランドラムが3千本以上保管されている。
原子力発電所の使用済み燃料から発生する
「核燃料廃棄物」を扱っている。
原発から出る放射性物質は
核燃料廃棄物・プルトニウム・トリチウムで
水素爆弾、中性子爆弾、核融合実験炉材料・ 医療用・ 蛍光塗料

私が安部一族の暗部を今まで色々書いてきたが、
既に自衛隊は秘密裏に岩国で
原発塵で製造したウラン弾を海軍で使用していた

米軍にも渡していて資料には
経団連の旧軍需産業で企業名も載っています
原発は平和利用は表向きで、
影に核武装の計画が進んでいるのです。
更に戦中に関わった数々の人道的犯罪行為問題があります

国民に明かされていない
諸問題の膨大な秘密文書が米軍に接収され切れず、
焼却され切れずにまだ国に保管されています。
其の中には日本で何があったかの証言秘密書類も数多くある筈です。
之は多くの罪な無い国民が犠牲になった真実を明かす物で、
国民が主権になった我々が真っ先に知る権利です


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。